2010年11月30日掲載

ユーザー事例

グンゼ株式会社様:基幹システムのオープン化とダウンサイジングをめざした大規模マイグレーションを2年という短期間で実現。

仲井 新一氏の写真グンゼ株式会社
執行役員
技術開発部長 CTO&CIO
仲井 新一氏

鶴海 真治氏の写真グンゼ株式会社
技術開発部
鶴海 真治氏

三島 正純の写真G&Uシステムサービス
株式会社
代表取締役社長
三島 正純

岡野 正幸の写真G&Uシステムサービス
株式会社
取締役
第一・第三事業部長
岡野 正幸

宮内 伸浩の写真G&Uシステムサービス
株式会社
第一事業部
システム運用部 部長
宮内 伸浩

1896年の創業以来、わが国を代表するアパレル企業として着実な発展を遂げてきたグンゼ株式会社様。近年は主力事業のインナーウェアだけでなく、機能資材(プラスチック・エンプラ・電子部品・メディカル)などの非アパレル分野においても目覚ましい業績をあげています。さらにグローバル展開も積極的に進めており、海外での生産比率はすでに5割以上、販売面でも着々とグローバル戦略を強化しています。
このように事業内容が拡大するなか、グンゼ様は従来のメインフレームによる基幹システムをダウンサイジングし、オープン化することを決断。グンゼ様の情報システム部門と日本ユニシスの合弁会社「G&Uシステムサービス株式会社」が主体となった大規模なマイグレーション(移行)プロジェクトによって、2010年4月、無事に新システムへの移行が完了。オープン基盤の上で、世界を見据えたさらなる飛躍への一歩を踏み出しました。

ユーザープロフィール

グンゼ株式会社外観の写真
創立
1896年8月10日
資本金
261億円
本社所在地
大阪府大阪市北区梅田1-8-17
従業員数
連結8,914名/単体2,229名(2010年3月31日現在)
事業内容
アパレル事業、機能ソリューション事業、ライフクリエイト事業
グンゼ株式会社 その発熱力が、GUNZEクオリティ。

ページの先頭に戻る