掲載日:2007年1月31日

ユーザー事例

麒麟麦酒株式会社

飛躍的な成長をめざす新たなグループ経営構想「KV2015」の実現に向け、
情報コミュニケーションスタイルの変革に着手。

2007年に創業100周年を迎えるのを機に、2015年に向けた長期経営構想「キリン・グループ・ビジョン2015」(KV2015)を策定し、成長を加速させる戦略的資源配分とグループシナジーを拡大させる企業構造改革に着手したキリンビール様。現在は、その第1ステップとして、“ワークスタイルの変革”をテーマに、企業内の情報を動脈のように淀みなく、確実に流通させるコミュニケーション環境の構築を推進しています。日本ユニシスは、新しいワークスタイルの実現を支援するパートナー企業として、キリングループ9000人を対象とする大規模なコミュニケーションシステムを構築。クリック・ダイヤル機能などを利用した新しいコミュニケーション手法を提供し、同社の経営革新をバックアップしています。

桝田 浩久氏の写真

情報企画部
主査
桝田 浩久氏

山崎 智裕氏の写真

株式会社キリンビジネスシステム
システム管理5部
担当部長
山崎 智裕氏

ページの先頭に戻る