2014年3月20日掲載

ユーザー事例

京都大学 様 先進の疫学情報基盤を駆使して医学の進歩とヘルスケアの発展に貢献する大規模な「ゲノムコホート研究」を推進。

少子高齢社会を迎えたわが国にとって、病気の兆候や将来の発病リスクなどを早期に発見し、効果的な予防や治療を実現することは、増大する医療・介護費を抑制するためにも不可欠の課題となっています。そうしたなか、近年、住民の健診情報や臨床データ、さらには個々の遺伝的体質を決定するゲノム情報をデータベース化して、疾病の原因解明や地域での健康づくりなどに活用しようという「ゲノムコホート研究」が注目されています。
京都大学様では、2005年から滋賀県長浜市においてこうした新しい疫学研究のモデルケースとなる「ながはま0次予防コホート事業」を推進。日本ユニシスは、ICTパートナーとしてこのプロジェクトをサポートしています。

中山 健夫氏の写真 中山 健夫氏
京都大学大学院 医学研究科
社会健康医学系専攻
健康情報学分野 教授

川口 喬久氏の写真 川口 喬久氏
京都大学 医学研究科附属
ゲノム医学センター
疾患ゲノム疫学解析分野
研究員

ユーザープロフィール

京都大学外観の写真
設置年月
2004年4月
設置目的
  • 医学に特化した遺伝子研究の推進
  • 医学的応用展開を見据えたゲノム医学研究
  • 先端的研究の成果に基づく新たなゲノム・遺伝子研究の全学的支援体制の構築

ページの先頭に戻る