2010年1月29日掲載

ユーザー事例

ライオン株式会社様:CAE運用システム「CAESAR」を導入し、エコ容器開発の大幅な効率化を実現

中川 敦仁氏の写真研究開発本部
包装技術研究所
設計解析センター
主任研究員
テクニカルデザイナー
中川 敦仁氏

ライオン株式会社様は、洗剤、ヘアケア・スキンケア製品、クッキング用品、歯磨き、薬品、化学品の分野で、数多くのヒット商品を送り出してきた日本を代表する大手メーカーです。早くから環境対応に力を注いできた同社では、現在、扱いやすさや洗練されたデザインを追求しながら、同時にプラスチックの使用量を限りなく削減したエコ容器の開発にも注力しています。このように環境性能とデザイン性を両立させた容器を迅速に開発・設計するためには、コンピュータによる容器性能のシミュレーションを高速化するとともに、複数の容器デザイン案を同時並行で検討できる体制を構築する必要があります。
そこで同社は、2008年、日本ユニシスおよび日本ユニシス・エクセリューションズ(以下、「日本ユニシス」)をパートナーに選び、CAE(注)システムのバージョンアップに加え、新たにCAE運用システムの開発に着手しました。このCAE運用システムは「CAESAR(シーザー)」と名付けられ、設計・解析の高速化と業務効率化を実現。環境への優しさと市場でのインパクトを併せもつ容器の開発に大きく貢献しています。

(注)CAE
コンピュータ エイデッド エンジニアリング(Computer Aided Engineering)の略。工業製品の開発工程を支援するコンピュータシステムの意で、設計した製品モデルの構造や性能を解析する。

ユーザープロフィール

ライオン株式会社外観の写真
設立
1918年9月
資本金
344億3,372万円(2008年12月31日現在)
本社所在地
東京都墨田区本所1-3-7
従業員数
連結5,774名/単独2,480名(2008年12月31日現在)
事業内容
歯磨き、歯ブラシ、石けん、洗剤、ヘアケア・スキンケア製品、クッキング用品、薬品、化学品などの製造販売、海外現地会社への輸出

ページの先頭に戻る