2011年3月22日掲載

ユーザー事例

日産自動車株式会社様:アンケート調査を効率化する『eSupplierStation®』を導入し部品供給リスク対策を強化

中村 英夫氏の写真購買管理部 主担
中村 英夫氏

奥津 幸人氏の写真購買管理部
奥津 幸人氏

日産自動車株式会社様では、自動車生産に必要な部品を安定的に調達するために、サプライヤー各社の部品供給能力に関するさまざまなアンケート調査を実施しています。調査表の送付・回収は、主に電子メールで行ってきましたが、この方法では、回収状況の把握や督促メールの送信、集めたデータの集計作業といった煩雑な手作業が必要となり、効率的な情報活用が難しいという悩みを抱えていました。
そこで同社は、2010年12月、購買管理部における各種調査の効率化に威力を発揮する、日本ユニシスのクラウド型ソリューション『eSupplierStation®』を導入。調査表の送付・督促・集計を効率化し、スピーディーな供給リスク対策を実現しました。

ユーザープロフィール

日産自動車株式会社外観の写真
設立
1933年12月26日
資本金
6,058億13百万円
本社所在地
横浜市西区高島1-1-1
従業員数
連結151,698名/単体29,878名
事業内容
自動車、船舶の製造、販売および関連事業

ページの先頭に戻る