2014年3月20日掲載

ユーザー事例

徳島大学 様 糖尿病克服に向けた地域EHRシステムを構築し、「病病連携」と「コホート研究」を推進。

徳島県では近年、県をあげて「糖尿病克服」に向けた積極的な取り組みが進められています。なかでもその独自性の高さで全国的に注目されているのが、糖尿病とそれにともなう合併症に焦点を絞った「地域EHR(Electric Health Record:健康医療記録)システム」の構築です。
日本ユニシスを開発パートナーに、徳島大学の「糖尿病臨床・研究開発センター」が主体となり、地域の自治体・NPOと連携して進めているこのプロジェクトは、基礎・臨床研究を担う大学病院と、地域医療に携わる保健センターや診療所などがネットワークを形成し、各医療機関が扱う患者の診断・治療データを集約・共有することで、参加機関の「病病連携/病診連携」をめざすものです。蓄積した大量の症例データを解析し、地域の疾病構造の分析や重症化・合併症発症の予防に活用していく「コホート研究」の推進も目標に据え、ネットワークの拡大に向けた地道な取り組みが続けられています。

松久 宗英氏の写真 松久 宗英氏
徳島大学
糖尿病臨床・研究開発センター
特任教授

玉木 悠氏の写真 玉木 悠氏
徳島大学病院
病院情報センター
助教

ユーザープロフィール

徳島大学外観の写真
設置年月
2010年1月
設置目的
  • 徳島大学病院の糖尿病診療の充実と県内医療機関との医療連携の推進
  • 学内外とのグローバル連携および部局横断連携に基づく先進的な糖尿病研究開発の推進
  • トランスレーショナルリサーチの展開と臨床試験の推進
  • 産学官連携を支援する知財活動の推進
  • 糖尿病関連医療人の人材育成

ページの先頭に戻る