JP/EN

 

Foresight in sight

CSR(企業の社会的責任)

環境

環境方針

日本ユニシスグループの環境活動

ICTが地球のためにできること
日本ユニシスグループは「ICTが地球のためにできること」を環境活動におけるスローガンとし、ICT企業として環境負荷の低減、資源の有効利用や、持続可能な社会の形成に寄与したいと考えています。事業活動を行う上で電気や紙の使用量の抑制や3R(リデュース、リユース、リサイクル)促進に努めるとともに、可能な限り環境負荷の少ないシステム構成品や備品などを購入しています。また、当社グループが提供するICTソリューションを通じて、環境負荷を低減させるビジネスモデルの創出や、お客様の事業活動における業務効率改善や環境負荷低減にも貢献していきます。

日本ユニシスグループ環境方針

  • 基本理念
    日本ユニシスグループは「ICTが地球のためにできること」を基本理念とし、お客様の企業価値を高めるためICTソリューションを提供するとともに、地球環境保全への取り組みを経営上の重要課題に捉え、「環境に配慮した事業活動」を着実に推進します。
  • 基本方針
    私たちは、お客様のコンピュータ機器およびソフトウェアの販売・保守、情報システムサービスの提供により、社会経済活動の効率化、生産活動およびサービス分野における生産性の向上に寄与する事業者として、以下の方針のもとに環境保全活動を推進します。
    1. 環境マネジメントシステムを構築し、継続的改善を図ります。
    2. 活動にあたっては、環境側面に関連する法規制など、並びに日本ユニシスグループが同意するその他の要求事項を順守します。
    3. 次の項目を重要実施項目として、実施と見直しを図る取り組みを行うことにより、地球環境保全/汚染の予防に努めます。
      (1)技術的、経済的に可能な範囲で、お客様の事業活動における生産性向上および省エネルギーに貢献する商品・サービスの提供に努めます。
      (2)オフィス活動において、電力使用量の低減、ペーパーレス化の促進、廃棄物の分別に取り組みます。
    4. 「グリーン電力証書システム」に参加して、地球温暖化対策に貢献します。
    5. 環境保全の重要性を認識させることを目的として、社員に対して啓発活動を積極的に行います。
    6. この基本方針は組織で働く、または組織のために働く全ての人に周知徹底し、一般に公開します。
日本ユニシス株式会社
代表取締役社長
平岡 昭良