JP/EN

 

Foresight in sight

CSR(企業の社会的責任)

人権

推進体制と取り組み

2015年度は、CSR委員会の指示のもと、関連組織横断で人権リスクの把握を開始し、先ずは自社の国内リスクを確認しました。引き続き、関連組織横断でグループ、海外、サプライチェーンと範囲を広げ、リスク把握を行っていきます。

人権教育・啓発活動

全グループ社員を対象とした人権に関するeラーニング研修(コンプライアンス)を行っており、2015年度の受講率は、99%でした。また、マネジメント研修において、人権尊重に関する啓発研修を実施しています。

ハラスメント防止の取り組み

就業規則において、セクシャルハラスメント、パワーハラスメントを含め、社員の人格を傷つけ、業務、意欲を阻害させるような行為をしないよう努めることを定めています。「セクハラ防止ガイドライン」「パワハラ防止ガイドライン」を策定し、社内の啓発に努めています。

従業員相談窓口の設置

内部・外部通報制度(相談窓口)を設けています。
報告、相談を行った者(通報者)がそれにより不利益を受けることがないよう会社は最善の配慮を行うよう定め、通報者の保護を図っており、通報者の行為に対して不利益な取り扱いを行った役職員に対しては、懲戒処分等の厳正な処分を行うよう定めています。