JP/EN

 

Foresight in sight

CSR(企業の社会的責任)

労働慣行

社員とのコミュニケーション

社員のモチベーション調査

当社グループの中期経営計画の達成に向けて、社員のモチベーションや意識の状況、また経営方針の浸透度などがどのような状態にあるかを調査し、今後の施策推進における課題等を把握するために「モチベーション調査」を実施しています。この調査は、2002年6月に第1回調査が実施され、施策やグループの経営環境の変化などを背景として、2年に1回のペースで実施しています。
2015年度は、当社グループの全役員・全従業員を対象として実施し、調査結果のフィードバックを、組織長向けの説明会と全社員向けにイントラネットを通じて行いました。本調査結果は、各種施策に活かしていく予定です。

コミュニケーションデー

社員同士のコミュニケーションの場として、また、社長ならびに役員との自由な意見交換の場になることを目的とした、コミュニケーションデーを定期的に開催しています。新入社員の研修と重なる、4月〜9月には新人研修中の社員も加わり、支社・支店でも同様の会を開催するなど、若手からベテランまで、多くの社員が参加し、交流を深める場となっています。

社員の家族による会社見学会

社員一人ひとりが活力に満ちて仕事に取り組むためには、家族の理解と応援が不可欠であるとの考えから、毎年、お子さん達の夏休み期間中に社員家族向けの会社見学会「夏休み子ども参観日」を開催しています。
このイベントを通じ、経営層および職場上司や同僚等と社員家族のコミュニケーションを図っています。
2015年度本社で実施した本イベントには、30家族86名が参加しました。役員訪問や職場訪問、社員食堂体験などに加え、コーポレートステートメント「Foresight in sight」にちなみ、「未来の地球」や「未来のくらし」をキーワードに親子の対話を通して「2030年の未来」を絵や文章などで表現した作品を発表しました。