JP/EN

 

Foresight in sight

日本ユニシスグループ CSR(企業の社会的責任)

CSR活動リポート

テレワーク推進セミナーを開催

日本ユニシスグループではさらに社員が働きやすい会社となるよう、ワークスタイルの変革を推進しています。多様な働き方を社員が選択できることにより、業務効率が上がり、社員の働きがい向上にもつながります。
在宅勤務制度を本格導入して2年目となりますが、社員への理解と周知を図るため、主に管理職を中心にテレワーク推進セミナーを開催しました。セミナーでは第1部にテレワーク学会理事の熊野健志氏による講演(※1)、第2部にSmart-Work(※2)推進のための説明を実施しました。
管理職がテレワークの可能性を理解し実践することによって、組織内のテレワークが拡大するきっかけとなることを狙っています。必要なのは実際にやってみること。一度体験すれば、それほど難しいことはなく、緊急時の備えとしても強力な組織になります。
テレワーク推進セミナー(11月開催)写真
また、テレワークはワークライフバランスには欠かせないツールになると考えています。社員のワークライフバランス向上のためにもテレワークを推進しています。
※1 国土交通省 テレワーク出前セミナーを利用。
※2 2009年10月に在宅勤務制度を「Smart-Work」と名づけ、より柔軟な在宅勤務が可能となるよう運用を見直しました。
TOP