MENU
  • HOME
  • セミナー情報
  • 資料・ビデオ
  • 展示
  • アクセス

BITS2016 Foresight in sight - ビジネスエコシステムが社会を変える -

UNISYS

BITS
2016
開催概要

主催
日本ユニシスグループ
共催
ユニシス研究会
日程
2016年6月2日(木)12:20~19:00
6月3日(金)9:30~17:30
会場
ANAインターコンチネンタルホテル東京
参加費
無料(事前登録制)

デジタルイノベーション

  • 1

    Webディレクタのワガママに応える3つの秘訣

    PCやスマホなど、Webが行動の起点になることが当たり前になった今、顧客満足度を高めるために、「お客さまごとにページをデザインしたい」「商品ごと、ブランドごとにレイアウトを変えたい」「明日までにリニューアルしたい」など、Webディレクタの戦略に柔軟に対応できるWebサイト運用が求められます。本ブースではそのための3つの秘訣をご紹介します。

  • 2

    技術論文誌 ユニシス技報

    ユニシス技報は、お客さまの経営上の課題や技術的な問題を、当社グループが情報技術を活用して実際に解決した方法や成果についてご紹介する論文誌です。1981年に創刊し、現在は年4回発行しています。BITS2016の展示会場では、最新号の128号「別冊技報」のほか、バックナンバーの127号「データエンジニアリング特集」126号「ネットワーク特集」125号「研究開発特集」を無料で配布します。

  • 3

    IoTを活用した“その先”のサテライトオフィス

    三井不動産様と共に事業化を検討しているIoTを生かした“その先”のサテライトオフィスに採用予定のスマートロックロボット「Akerun」。その最新ソリューションである「オンライン鍵管理システム」とそれを支える予約管理、課金管理などを担う日本ユニシスのBtoBtoEプラットフォーム構想をご紹介します。

  • 4

    スマートキャンペーン

    メーカーのキャンペーン情報を流通小売業の会員サイトやスマホアプリに配信することで、店舗への送客を促し、対象商品の購買を促進するキャンペーン情報配信サービスをご紹介します。アプリとキャンペーン管理システムを使ってわかりやすくご説明します。お気軽にお立ち寄りください。

  • 5

    笑顔があふれる銀行窓口 SmileBranch™

    「SmileBranch?」は「来店」という顧客との接点を大切にし、有人店舗の優位性を生かすための「顧客サービス志向」を実現させる製品です。本ブースでは実際にSmileBranchタブレットを使った操作を体感いただけます。

  • 6

    銀行・信用金庫向け業務改革支援 POWER EGG®

    ワークフロー、グループウエアPOWER EGG® は、導入社数が1,000社を超え、病院、学校、各種組合などでもご利用いただいています。POWER EGG®は、組織力をアップさせる設計思想と工夫が鮮明であると経営陣に評価され、金融業界における先進的なICT活用による業務変革にも活用されています。
    地域金融機関での業務変革事例やその効果も含め、ご説明します。

  • 7

    アイデアが湧き出る会議室と人工知能

    日本ユニシスと株式会社イトーキ様は、2014年に共同研究プロジェクト「近未来オフィスにおける協創的コミュニケーション」を開始し、人の豊かな発想やアイデア創造を支援できる空間の研究を進めています。本ブースでは《会議やインフォーマルな対話の場となる空間に知能が備わり、発想を助けるもう一人の参加者になる》というコンセプトを具体化した試作プロトタイプを展示紹介します。

  • 8

    小売業向け 自律移動型サービスロボット NAVII™

    日本ユニシスは、2015年12月から米Fellow Robots社の自律移動型サービスロボットNAVII™の日本国内での取り扱いを開始しました。また、2016年2月からヤマダ電機様における店頭実証実験を行い、今後ますます競争力の強化が必要になる小売業に向けて、お客さまに対する付加価値の提供や一層の業務効率化を実現するための取り組みを進めています。
    BITS2016においては、NAVII™開発元CEOを交えたパネルディスカッションを行いますが、これと並行し会場で本ロボットの展示を行います。

ライフイノベーション

  • 9

    観光エコシステム

    日本ユニシスでは、近年のインバウンド需要への対応として、訪日外国人のストレスフリーな旅行を実現する「観光エコシステム」の創出に取り組んでいます。観光に関わる個々の良質なサービス(楽しさ、快適、安心・安全、お得)をシームレスに提供することで、旅行者が自然に地域を回遊するよう促すとともに、事業者が多様な訪日外国人をおもてなしできるサービスを目指しています。

  • 10

    保育支援サービス
    『ChiReaffSpace®』(チャイリーフスペース)

    保育支援サービス『ChiReaffSpace® 』(チャイリーフスペース)は、保育園の業務の効率化と「保育の質の向上」を目指すクラウドサービスです。新制度に対応した延長保育料の集計、請求管理といった事務作業のサポートに加え、全国40,000人の園児の成長データをもとに、子どもの月齢、成長段階に合わせた指導計画の作成が可能となります。園児の情報を中心に、保育士、保護者や周囲の子ども一人一人に寄り添った保育のサポートを目指します。

  • 11

    空港ソリューション

    これからの空港経営には、運用状況の掌握とステークホルダーとの情報共有、施設の柔軟かつ効率的な稼働、サービスレベルの確保、航空外収入の獲得といった課題への取り組みをサポートする「空港運営のためのICTソリューション」が必要になります。世界の空港でその発展を支えてきたソリューションをご紹介します。

  • 12

    携帯通信を利用した映像監視サービス

    監視カメラによる映像監視システムは、その多くが有線ネットワークを利用したものであり、屋外では容易に設置できない難点がありました。日本ユニシスでは、携帯通信モジュールとカメラを一体化させ、クラウド型監視アプリケーションと組み合わせることで、屋外でもすぐに現場で使える映像監視サービスを開発しました。カメラレンタル・携帯通信・クラウドをパッケージにした月額利用型サービスをご紹介します。

  • 13

    多職種医療介護連携
    ~未来かなえ機構様 未来かなえネット~

    「未来かなえネット」は、岩手県大船渡市・陸前高田市・住田町の病院・医科診療所・歯科診療所・調剤薬局・介護福祉関連施設などの多様な施設をつなぐ、医療・介護・福祉の連携ネットワークです。住民の医療情報や介護情報を一元的に集約・管理することで、参加施設による共有・活用を可能とします。医療介護福祉分野の人的資源が限られる中、サービス提供の効率化にもつながるものと期待されています。

  • 14

    クロノロジー型 災害情報DBシステム

    混乱する対策本部に、超実践的なシステムを―。
    いざ!というとき、災害対策本部は、大量の情報に埋もれて大混乱に陥ります。

    災害ネットは、時系列で記録する「クロノロジー」をシステム化。
    ひたすら時系列に打ち込むだけで、非常時における全部署の動きを時系列で蓄積・共有できるシステムです。
    いざというときの対応時間の短縮化、マンパワーの省力化、早期収束による経営的・社会的インパクトの最小化を実現します。

  • 15

    メッシュ型地域ネットワークNerveNet

    日本ユニシスは、株式会社フィンチジャパン、ナシュア・ソリューションズ株式会社、国立大学法人東北大学と共同で、国立研究開発法人情報通信研究機構から「メッシュ型地域ネットワークのプラットフォーム技術の研究開発」を受託しました(2014年から3年間の委託研究)。長野県塩尻市様、島根県松江市様のご協力のもとNerveNet実用化に向けて行っている研究成果についてご紹介します。

  • 16

    災害時の正しい意思決定と対策
    ディスカッションテーブル

    災害時の正しい意思決定と対策について、「SABAKIソリューション」の中核である「ディスカッションテーブル」をご紹介します。ここでは主にクイックな情報提示が可能なメディアハブ機能と、誰でも簡単に操作可能なカードオペレーションについてご説明します。

    ◆メディアハブ機能
    パソコン、スキャナー、タブレット端末など、さまざまなツールと接続利用することで、アナログ・デジタル問わず必要な時にコンテンツを表示することが可能です。

    ◆カードオペレーション
    タッチパネル操作により、表示されたコンテンツは紙(カード)を扱うように、誰でも簡単に扱うことができます。また複数人数での同時操作も可能です。

ビジネスICTプラットフォーム

  • 17

    Unisys Stealth
    ~ソフトウエアによるネットワーク分離
    セキュリティの新しいカタチ~

    ビジネスが企業の壁を越え、複数の企業からなる緩やかな共同体(ビジネスエコシステム)へと移りゆく今、従来のセキュリティ対策に加えて新たな対応が必要となります。ソフトウエアによるネットワーク分離の技術をベースに、Unisys Stealth Solutionがセキュリティの新しいかたちをご提供します。

  • 18

    ICT活用の未来像 Technology Foresight®

    市場動向、技術動向、ユーザー企業の動向より、3~5年後のICT活用の未来像を2009年より毎年策定しています。
    日本ユニシスグループでは、今まで培ってきた技術を継承し、時代に適合した最適なICTを提供しつづける取り組みに活用しています。

  • 19

    Office 365 コラボレーション&コミュニケーション
    ワークスタイル変革ソリューション

    マイクロソフトのクラウドサービスOffice 365によるコラボレーション&コミュニケーション環境をご紹介します。
    Exchange Online, Skype for Business, SharePoint Onlineによるメール、予定表、ビデオ通話、情報共有サイトのクラウドサービスをSurface Pro 3のクライアント環境で体感できます。Office 365のクラウドサービスに実際に触れて、ワークスタイル変革のヒントをお持ち帰りください。

  • 20

    BYOD対応モバイルアクセスソリューション mobiGate
    ワークスタイル変革ソリューション

    企業でのスマートモバイル活用の検討の際の1つのキーワードである『BYOD(Bring Your Own Device)』を実現するソリューションとして、スマートモバイル端末から社内の業務システムにセキュアにアクセスするクラウド型モバイルアクセスゲートウェイサービス「mobiGate」をご紹介します。

  • 21

    タブレット向けコンテンツ管理 ABookBiz
    ワークスタイル変革ソリューション

    営業活動における商品説明や、店頭接客における応対説明やガイド案内、作業現場における業務マニュアルの配信・更新・参照など、さまざまな業務シーンにおいて、タブレット端末で電子コンテンツを活用するソリューション「ABookBiz」をご紹介します。
    動画・音声やタッチ操作などに対応したタブレット端末の特長を最大限に生かした動きのある電子コンテンツを体験できます。

  • 22

    働き方変革ソリューション“SSS”

    営業現場で行われている、提案書、企画書、報告書など、各種資料作成には社内外に散在する多種多様な情報、データ、画像などを素材として取り扱う事が多く、そのため膨大な時間と労力が費やされています。
    日本ユニシスとコニカミノルタジャパン様は、この課題を解決すべく「働き方変革ソリューション」として“SSS”~SmartSalesSupport~をご提案します。

  • 23

    SD-WAN で変える企業ネットワーク

    コンピューターネットワークの新しい技術の潮流であるSDN。このテクノロジをWANに適用し、低コストかつ柔軟で拡張性の高い企業ネットワークを実現するのがSD-WAN です。企業ネットワークの構築・運用法を大きく変える可能性を持つテクノロジーとして注目を集めています。米 Nuage Networks 社がお届けする最先端のSD-WANソリューションをわかりやすくご説明します。ぜひお立ち寄りください。

  • 24

    グローバルITアウトソーシング運用サービス

    海外でビジネスを展開されている企業に向けて、一歩先を行く、エンドユーザーへのグローバルスタンダードなITアウトソーシング運用サービスをご提案・ご提供します。標準化されたサービスの利用により、日本一括契約にてグローバル規模のITガバナンスの実現が可能となります。
    「自動化・無人化・見える化」を実現する運用管理ツールのデモンストレーションをご覧ください。

  • 25

    ビッグデータ・機械学習・人工知能(AI)

    ビッグデータの利活用が進む中、時代のキーワードは「自動化・自律化」に移り、その実現手段としての人工知能(AI)に注目が集まっています。当ブースでは、業界の優れた製品を日本ユニシスが選りすぐり、組み合わせ検証したビッグデータ活用基盤「データ統合・分析共通PaaS」と、最新技術を活用した「人工知能(AI)」サービスをデモを交えてご紹介します。

  • 26

    IoTビジネスプラットフォーム

    日本ユニシスグループは、「IoTビジネスプラットフォーム」サービスをご提供します。
    本サービスは、単なるクラウド基盤サービスのみならず、ワンストップサービスにより各サービスレイヤに蓄積される地財を生かし、具体的サービスシナリオもあわせてご提供する予定です。さらに当社グループのビックデータ活用サービス基盤と連携することで、大量かつオープンなデータが利用可能となります。
    本ブースでは、機械学習機能をベースとした斜面崩監視モデル、pinkitをベースとしたセンサーデータの集配信モデル、カメラデバイスで撮影取得した画像映像データを活用する酩酊者監視モデルなどをご紹介します。

  • 27

    VERINT Impact360 Speech Analyticsによる
    VoC(顧客の声) 分析・活用

    お客さまの生の声が含まれる通話録音記録は、企業にとって経営上極めて有用な財産です。VERINT Impact360 FTR/Speech Analyticsは、コンタクトセンターの通話データを的確に収集・分析し、活用可能な価値ある情報へと変えます。従来の録音データの検索・再生では不可能であった全ての通話の分類・分析を可能にし、急増減した語句の把握やお客さまの感情までも分析、経営戦略に役立たせます。最新バージョンで加わった「声紋認証機能」を含めてご紹介します。

  • 28

    uniConnect/SfB連携によるテレワークの実現

    企業で導入が進むOffice365/Skype for Business (SfB)と、課題であったオフィスの固定電話を統合し、理想的な「どこでもオフィス」を実現。
    uniConnectとSfBの相互連携により、連絡先や在席情報を共有しながら、スマホや、PCから内外線番号での発着信や代理応答、保留・転送を可能とします。uniConnectは、IP通話に加え、通常の携帯通話でも会社番号が利用できるため、オフィス以外でも安定した通話品質を実現、AD連携による社員情報の一元管理も可能です。

  • 29

    Web顧客行動情報活用ソリューション

    Webサイトのマーケティングは、コミュニケーションの時代に―。
    利用者の行動を探りながら、顧客が何を考え、どういった行動をしているのか。
    Webサイト上の顧客行動情報から真の目的を知り、それを活用するためにはどのようにすればよいのか。
    Web行動情報を活用したWebサイト改善・運用方法についてご紹介します。

  • 30

    IoTエコシステムラボ

    ユニアデックスは、「IoTエコシステムラボ」により IoTビジネスにおける創造・進化をご支援します。
    IoTエコシステムラボでは、お客さまにIoTのデモシナリオを実際に体験していただけます。
    それをもとにIoTの活用イメージを膨らませ、仮説立案、実証実験へと進み、新たな価値創造を実現します。
    当ブースでは、作業員の安全管理(コネクテッドワーカー)、機械学習による施設管理の最適化(スマートトイレルーム)などを行います。

  • 31

    未来サービス研究所「未来飛考空間®

    未来サービス研究所が提供している“共創の場”である「未来飛考空間®」。未来志向をもとにビジネスアイデアを生み出す、最新デジタルテクノロジを体験してビジネス構想を膨らませるなど、未来社会において成長するビジネスを創り出す活動を事例を含めてご紹介します。

  • 32

    クラウドUCで実現するワークスタイル変革

    マイクロソフトのSkype for Business、シスコのWebExといったクラウドコミュニケーションを相互接続することで、スマホ、タブレット、PC、専用機器など、多種多様のデバイスを自由に選択して利活用可能となります。このように多様なデバイスを用いたBYODにより実現するワークスタイルの変革についてご紹介します。あわせて医療向けコミュニケーションソリューション:院内スマホソリューションをご紹介します。

  • 33

    セキュア・インターネット接続:分離と無害化

    昨年の総務省通達から自治体を中心に「インターネット分離」の検討が進んでいます。またこの通達の影響を受け、金融業界のみならずセキュリティ対策を重要視している業界では、同様にこの検討がされていると思います。今回は日本ユニシス独自開発のブラウザ自動切替ツールとメール&ファイルの無害化ソリューションをクライアント仮想化と組み合わせてご紹介します。

  • 34

    クラウド活用で実現する高度標的型攻撃への対抗策

    昨今の公的機関での被害を契機に、これまでのセキュリティの常識から一歩踏み出す必要があることが明らかになってきました。総務省やIPAは、業務端末をインターネット環境から分離するよう推奨しています。なぜインターネット分離なのか、クラウド活用を含めたソリューション選びはどう考えればよいのか、モデルケースによる解説と共に、ユニアデックスのサービスをご紹介します。

  • 35

    お客さまのビジネスを成功へと導く!
    U-Cloud®サービス

    ユニアデックスのクラウドサービス「U-Cloud®サービス」は、「マネージドクラウド」としてお客さまのご要望に最適化したICT環境をワンストップでご提供します。
    さらに、クラウド基盤の提供だけにとどまらず、「IoT」や「ビッグデータ」と連携する開発・実行環境の提供や、業種業態に合わせたアプリケーションサービスとの連携へと進化していきます。
    U-Cloud®サービスの概要と今後の展開についてご紹介します。

DNPコラボレーション

  • 36

    DNPカートンVRスマートフォンシアター

    スマートフォンをセットしたヘッドマウントディスプレイで、360°シアター感覚でVR動画や静止画などのコンテンツを楽しめます。紙製のヘッドマウントディスプレイは、折りたたみ式で運搬しやすく、外装に装飾印刷も可能で、製造も簡単です。コンテンツによって、一眼レンズ(360°2D動画用)と二眼レンズ(サイドバイサイド*表示用/360°3D動画用)を選択し、簡単に交換できます。

  • 37

    「らいぶろ」×「イメージングモール」

    お手持ちのコンテンツをコンビニ・店頭/会場・インターネットから提供できるサービスです。
    日本ユニシスがコンビニチャネルで展開する「らいぶろ」と、大日本印刷が店頭/会場およびインターネットチャネルで展開する「イメージングモール」を連携させることにより、あらゆる顧客接点からコンテンツ提供を実現します。
    コンテンツ販売のほか、キャンペーンの特典やノベルティを提供するチャネルとしてもご利用いただけます。

  • 38

    成功するグローバル商品情報マネジメント
    グローバルPIMシステム「Pro-V」

    近年、生活者ニーズの多様化に応じて、店舗ごとに異なる商品情報を掲載した印刷物やWebサイトコンテンツの作成など、企業におけるセールスプロモーション活動は複雑になり、また海外展開による企業内の商品情報のやり取りなども増え、作業負荷が課題となっています。
    この課題に対し日本ユニシスは、企業の複数部門が保有するDBと連携して集めた商品情報を一元的に管理する“PIMシステム”『Pro-V』をご提供します。

  • 39

    地域活性化アプリ YORIP®/まちなか回遊アプリ

    YORIP®は、観光地などを訪れた旅行者や、ちょっと散策をしようとするユーザーに、予定になかった「よりみち」体験を促し、想定外の感動を体験していただく情報配信サービスです。地域の真の魅力を最適なかたちで発信し 、“よりみち” で世界中を元気にします。
    まちなか回遊アプリは、地域活性化を支援するための各種機能をパッケージ化したクラウド型のサービスです。導入する自治体やまちづくり事業者などは、短期間かつ低コストでアプリを作成することができます。また、来街者の属性や行動などをデータとして収集・分析し、地域活性化につながるマーケティング活動に生かすことができます。

  • 40

    DNP多言語対応接客支援アプリ

    流通・小売店舗において、増加傾向にある訪日外国人客とのコミュニケーションを円滑にすることで、販売ロス削減・CS向上を実現し、訪日外国人客のさらなる増加へとつなげるアプリサービスです。
    英語・中国語・韓国語・タイ語の基本4言語を中心に最大78言語に対応可能です。複数の質問から構成される「対話式」コンテンツでニーズを引き出すことで、言語が通じないお客さまに対して適切な情報を提供できます。

  • 41

    標的型攻撃対策トータルソリューション

    昨今のサイバー攻撃は、攻撃手法が多様化・高度化してきています。特に最近では、特定の企業や組織を攻撃するためにカスタマイズされた「標的型攻撃」も猛威を振るっています。
    当ブースでは、標的型攻撃に対抗するためのさまざまなソリューションをご紹介します。

  • 42

    アプリ・経路を守り、未知の攻撃に対処する

    「アプリの改ざんや解析を阻止する: CrackProof」「セキュアなP2P同時複数接続を実現する:DNP Multi-Peer VPN」「最新のサイバー攻撃手法に基づいたシナリオを体験することにより、未体験の攻撃に対応できるスキルを習得できる演習カリキュラム:サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース」と、エンドポイント・ネットワーク・システムの3つのセグメントを守るサイバーセキュリティソリューションをご紹介します。

  • 43

    セキュリティ・人事・総務系ソリューション

    本ブースではオフィスセキュリティを高めるために、ICカード社員証などを用いて放置プリントをなくす認証プリントや、ゲートセキュリティ、全方位ネットワークカメラ、鍵管理などのセキュリティソリューションをご紹介します。また、同じICカード社員証で、食堂のキャッシュレスシステムなどの福利厚生や、出退勤システムなどの労務管理を実現する様子もあわせてご紹介します。

  • ミニステージ

    44

    日本ユニシスグループのOpenInnovationの取り組み

    日本ユニシスグループでは、お客さま、パートナー、ベンチャー企業と共栄共存していく、新しい価値創造活動の加速化に向けて、OpenInnovationに取り組んでいます。その活動と、共にチャレンジしている企業の皆さまの取り組みをご紹介します。