JP/EN

 

Foresight in sight

株主・投資家情報

事業内容

市場シェアの競争から企業価値の競争へ

市場の成熟や技術革新のスピードアップ、さらにグローバル化など、さまざまな要素が複雑に絡み合って、企業にとっては先の見えにくい時代になりました。

こうした時代の中で、各企業とも戦略転換を余儀なくされています。基本的な戦略転換は、競争相手を意識した相対的な優位確保(シェアの獲得)の競争から、顧客を意識しその満足を向上させるための絶対的な優位確保(企業価値の向上)の競争へのシフトです。つまり、他社との競争よりも、自社の実力=企業力を向上させ、お客さまに喜んでもらえる商品・サービスを提供できる会社になろうということです。

日本ユニシスは従来のSIビジネス(システムインテグレーションビジネス)に加えクラウドコンピューティングや仮想化のサービス等のICTビジネスを本格展開してサービスのラインアップを充実させる事で、より迅速に、より柔軟にお客さまのご要望に対応できる体制を整えております。
また、既存のビジネスモデルにとらわれる事無く、近年では新しいビジネスモデルをお客さまに積極的に提案し、お客さまと共にビジネスを展開し、お客さまと共に成長していくスタイルに力を入れています。
今後はシステム開発のパートナーとしてだけではなく、お客さまの経営パートナーとなるべく企業として提供できるサービスの領域を拡大していき、更なる企業力の向上に努めてまいります。

ICTサービスを通して顧客企業価値創造を支援

お客さまにとっての企業の価値というとき、例えば、お客さまの欲しい新製品・サービスをすばやく提供してくれる、お客さま相談窓口(コールセンター)でてきぱきと親身になって対応してくれるというようなことから、ブランドイメージを向上させる、高い水準で利益を上げ続けているといったことまで、多種多様であると思います。ただ全ての事に必ず共通するのは、「お客さまにご満足いただく」という強い想いです。
いま、こうした企業の価値を高める様々な戦略の実現に、情報通信技術(ICT)は不可欠になっています。企業がお客さまの生の声を収集するにも、お客さま一人ひとりの顔が見えるように対応するにも、迅速かつ的確な経営判断で利益向上を実現するにもコンピュータ・システムとネットワークは欠かせません。
私たち日本ユニシスグループでは、長年培ってきたシステム開発の知識・ノウハウと技術を結集して優れたICTサービスを提供することによって、顧客企業の価値創造を力強く支援しています。

”日本ユニシスのICTサービス”はここが違います

日本ユニシスグループのICTサービスの最大の特長は、サービスのラインアップの豊富さもさることながら、やはり”顧客第一主義”の企業理念に基づいた「常にお客さまの立場に立ってICTサービスを提供する」という考え方であると思います。
お客さまの立場に立って提案活動を実施する事によって初めてお客さまにとって使い勝手の良い、満足頂けるシステムを構築する事が可能となります。
一見当たり前の事のように思えるかもしれませんが、意外とこれを実践できている企業は多くないと感じています。
お客さまにとって最善のサービスを提供する。それが日本ユニシスの特長の一つであると考えています。

また、その考えを支える日本ユニシスグループのビジネスの特長は以下の通りです。
  • 経営戦略、ICT戦略のコンサルティングから、それを実現するICTソリューションの提供、そして運用管理保守のサポートまでのシステム開発のトータルサービスを一つの企業グループ内にてサービス提供できる点。
    更に上記のトータルサービルをミッションクリティカルシステムや大規模システムに対して提供可能な点も挙げられます。
  • 金融・製造・流通・医療・社会公共等の幅広い分野で50年以上の経験と実績を重ね、その豊富な開発経験・業務知識とノウハウを結集して顧客企業の戦略実現に真に役立つ支援ができる点。
  • 自社の製品(ハードウェア/ソフトウェア)にこだわらず、業界有力企業との提携・協働の下で、お客さまの課題解決に最適なIT統合環境を提供できる点。
  • SIサービスに加えクラウドコンピューティングや仮想化サービスといったICTソリューションのラインアップの豊富な点。

日本ユニシスの事業内容

日本ユニシスグループでは、経営コンサルティングからシステム設計・開発そしてシステムの運用・保守といったサポート業務までシステム開発のトータルサービスをグループ一丸となって展開しています。この総合力を大きな強みとし、今後もお客さまと共により大きな企業成長をめざしていきます。
日本ユニシスの事業内容