JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2017年3月9日

日本ユニシスグループ
「Office 365 エンタープライズサービス」を拡張し
Cloud PBX導入支援サービスを提供開始 〜 ワークスタイル変革に合わせたコミュニケーション環境をクラウドから提供。PBX・IP-PBXを不要に 〜

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:平岡 昭良)とユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:東 常夫)の日本ユニシスグループは、日本マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス Office 365(注)をエンタープライズ向けに提供する「Office 365エンタープライズサービス」に、Office 365 のコミュニケーションプラットフォーム(基盤)である Skype for Business Online Cloud PBX 機能の導入支援サービスを加え、本日から提供開始します。

日本ユニシスグループが提供する「Office 365 エンタープライズサービス」は、2015年7月から提供を開始しており、「アセスメントサービス」、「導入・構築支援サービス」、「展開支援サービス」、「運用支援サービス」、「保守サービス」など、Office 365活用のアセスメントから運用支援・保守までの総合的なサービスです。これまでに数十社のお客さまへ、Office 365によるメールや情報共有ポータル、Web会議を中心とした最先端のコミュニケーション環境を提供しています。

また、電話によるコミュニケーションについても、オンプレミス型 Skype for Business Server がもつEnterprise Voice機能により、Skype for BusinessとIP電話、従来型電話システムとの連携・統合によるコミュニケーション環境を数多く提供しています。
これらのノウハウをクラウドへ発展させた Cloud PBX 導入支援サービスを提供することにより、日本ユニシスグループが提供しているネットワークなど関連ソリューションと合わせ、お客さまのクラウドを中心とした電話を含む総合的なコミュニケーション環境の実現を支援します。

Skype for Business Online Cloud PBXの特徴は、以下のとおりです。
  1. 電話インフラストラクチャーの維持・運用負荷の軽減
    これまで Skype for Business Server Enterprise Voice機能による IP-PBX代替が可能でしたが、多数のハードウエアが必要となるため、初期コスト、運用コストの他に運用負荷増加の課題がありました。
    Cloud PBX により、オンプレミスへのIP-PBX・サーバーの設置が不要になるだけでなく、ユーザーや電話番号の管理運用がOffice 365へ一本化されることにより、IP-PBXやサーバーにかかる初期コスト・運用コストだけでなく、管理運用の負荷も大幅に軽減されます。
  2. 場所や相手を問わないシームレスな電話コミュニケーションの実現
    Cloud PBXにより、Office 365が従来から提供するコミュニケーション機能に、電話制御機能が1つに統合されることで、メール、電話、Web会議など多彩なコミュニケーション手段を、社内外の場所を問わずに、シームレスに利用可能になります。
    例えば、外出時や在宅勤務時にオフィス内のユーザーと内線番号で通話する、不在時にオフィス宛の電話を携帯電話やオフィス内の代理ユーザーへ転送する、海外出張時に割高なローミング費用を気にせずに、国内のオフィス内やお客さまと連絡をする、といったことが実現可能になります。
■ Office 365 / Skype for Business Online Cloud PBX 利用概要
なお、今回のCloud PBX対応サービスは、マイクロソフトが昨年7月に提供開始したSkype for Business Onlineの計画・導入・運用をサポートする際に活用可能な包括的なガイドとツールのセットで構成される「Skype Operations Framework」対応ソリューションとして新たに認定されました。
これからも日本ユニシスグル—プが長年にわたり培った技術力・ノウハウとSkype Operations Frameworkを組み合わせ、お客さまのワークスタイル変革の実現や、コミュニケーション環境の最適化を支援していきます。
日本ユニシスグループは、今回サービスを拡張した「Office 365 エンタープライズサービス」と関連ビジネスで、今後3年間で30億円の売り上げを目指します。

また、3月9日から10日に開催される 日経BP社主催のCloud Days 2017 Tokyoの日本マイクロソフトブース内にて、本サービスの展示を行います。
以上
【エンドース】今回の発表に当たり、以下のコメントをいただいています。
日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズパートナー営業統括本部長
業務執行役員 近藤 禎夫氏
日本マイクロソフト株式会社は、日本ユニシスグループ様の『Office 365エンタープライズサービス』のCloud PBX 機能の導入・支援サービス提供開始を心より歓迎いたします。
このサービスは、急増するエンタープライズ市場でのOffice 365活用を検討するお客様はもちろん、すでにご利用中のお客様も含め「会議」と「電話」をSkype for Business Onlineに移行したいというニーズに対応し、クラウドを活用したコミュニケーションインフラの変革を促進するものです。当分野におけるクラウド、オンプレミス、ハイブリッドのいずれの環境にも幅広く対応できるシステムサービスを提供する日本ユニシスグループ様との協業は、お客様のワークスタイル変革に貢献できると確信いたします。
今後も日本マイクロソフトは、日本ユニシスグループ様との当分野での協業を加速してまいります。
注記
注:Microsoft Office 365

日本マイクロソフトが提供するパブリッククラウドベースの統合型情報共有クラウドサービスです。

商標、登録商標
  • Microsoft 、Windows 、Windows Server、Office 365、Skype、Exchange、SharePointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。