JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2017年4月19日

日本ユニシス、ディサークル
鳥取銀行が働き方改革の基盤として「POWER EGG」を採用 〜 意思決定の迅速化とペーパーレスの促進を実現 〜

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良 、以下 日本ユニシス)とディサークル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西岡 毅、以下 ディサークル)は、株式会社鳥取銀行(本店:鳥取県鳥取市、頭取:平井 耕司 氏 、以下 鳥取銀行)から、日本ユニシスとディサークルが提供するポータル型グループウエア、ワークフローシステム「POWER EGG(パワーエッグ)」の採用決定を受けました。

■「POWER EGG」導入の目的と期待される効果
鳥取銀行は、既存業務のペーパーレス化および業務手順見直しを行い、「働き方」を変えることで、生産性向上を進め、経費削減および業務時間短縮を推進することを目的に、「POWER EGG」の採用を決定しました。
  1. スピードアップ
    意思決定の迅速化、指示内容・期限の徹底
  2. 見える化
    行内情報の見える化/共有による「気づき」や「協業」の促進、円滑な業務遂行
  3. ペーパーレス化
    年間約1万件ある各種書類(各種稟議/報告書/リーガルチェック等)の回覧や決裁の電子化による業務円滑化とペーパーレス化
■今後の展開について
鳥取銀行では、平成29年8月より「POWER EGG」の本部内での試行を開始し、平成29年9月までに本部営業店全店での本稼働を目指しております。


鳥取銀行は、平成27年度から平成29年度までの3年間を計画期間とする中期経営計画「考動と開革Ⅱ27-29」を策定し、平成27年4月よりスタートしております。本計画では、「地方創生への積極的な関与」「お客さま満足度の向上」「地域と当行の将来を担う人財の育成」という3つの基本方針のもと、急速な少子高齢化や人口減少などの環境変化に的確に対応し、お客さまとの関係や地域との連携を強化することで「お客さまの明るい未来と活力あふれる地域を創造する銀行」を目指されています。
今後も日本ユニシスとディサークルでは、今回の鳥取銀行での実績をもとに、POWER EGGの地域金融機関への展開をさらに加速させていく予定です。
以 上
(補足情報)

■「POWER EGG」(パワーエッグ)について http://www.d-circle.com
POWER EGGは、統制強化と業務生産性の両立を図る上場企業や中堅企業を中心に、「気づき」を促すプッシュ型ポータル機能やワークフロー機能などを提供しています。最近では、地域金融機関における導入実績も堅調に増加し、2017年3月末時点で、1,206社(自治体:78団体 地方銀行10行を含む)約353,000ライセンスの販売実績となり、国産ポータル型グループウエア、ワークフローシステムとして高い評価を受けています。

■ディサークルについて
ディサークル株式会社は、「気づき」から「行動」を促すポータル型グループウエア「POWER EGG」を開発・販売することを目的に1999年に設立されました。金融・民間企業を中心に「お客様の業務生産性向上」をメインテーマに、マーケットニーズを的確に掴んだ製品開発を目指し、お客様にとって確実に導入効果が得られる製品「POWER EGG」を2000年より販売しています。

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。