JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2018年2月5日

日本ユニシスグループ
2月20日、名古屋市内ホテルにて「BITS® in 中部」を開催

日本ユニシスグループは、2月20日(火)名古屋観光ホテル(愛知県名古屋市)にて「BITS in 中部」を開催します。
特別公演では、駒澤大学経済学部 准教授 井上 智洋 氏を迎え、「人工知能は未来の経済をどう変えるか?」と題して講演いただきます。
【開催概要】
  • 開催日時:2018年2月20日(火)13:00~18:30・・・13:00受付開始・開場
  • 会場:名古屋観光ホテル
  • 主催:日本ユニシスグループ
  • 共催:ユニシス研究会
【プログラム概要】 (13:00展示コーナーオープン)
  • 13:30~14:20 セッション
    • 「デジタルシフトとAIが支える企業の未来、社会の未来」
      日本ユニシス株式会社 流通システム本部 林田 英雄・小畑 夕香(エバンジェリスト(AI))
    • 「ITの進展にともなう働き方改革とクラウドセキュリティの新しい潮流」
      ユニアデックス株式会社 ES創生本部ソリューションビジネス開発統括部 森 駿
  • 14:50~15:20 ご挨拶
    ユニシス研究会 中部支部長(三重交通株式会社)水谷 佳広 氏
    日本ユニシス株式会社 代表取締役社長 平岡 昭良
  • 15:20~16:50 特別講演
    「人工知能は未来の経済をどう変えるか?」
     駒澤大学経済学部 准教授 井上 智洋 氏
  • 17:00~18:30 情報交換会
    (展示コーナー)日本ユニシスグループの最新の取り組み及びICTソリューションを体感いただけます。
【日本ユニシスグループの中部における最新の取リ組み】
  • 二地域での居住・就労情報を提供する「YOITOKO®」サイトで、愛知県半田市の商店街活性化を支援
    ニュースリリース:https://www.unisys.co.jp/news/nr_171004_yoitoko.html
  • 次世代オープン勘定系システム『BankVision®』を中核とした 新システムがOKB大垣共立銀行で稼働開始
    ニュースリリース:https://www.unisys.co.jp/news/nr_170508_bankvision.html
  • 佐藤工業と共同で計測点群IoTデータと設計データを用いてトンネルの掘削壁面を計測する実証実験を開始(三重県)
    ニュースリリース:https://www.uniadex.co.jp/news/2017/20171205_uel-satokogyo-demo-tunnel-iot.html
  • IoTクラウドサービス AirProduct™ Machine(注1)活用ソリューションによる工作機械メーカーへの新規アプローチを開始
    ニュースリリース:https://www.uniadex.co.jp/news/2017/20171115_airproduct-machine.html
  • 自動車部品メーカーで、「スマートグラス」を活用し熟練者の視線の動きを可視化
    ベテラン従業員のノウハウのデータ化、技術伝承、ワールドワイドな作業品質向上、標準化を支援
  • 公営企業で、オープンイノベーションWebサイト構築を支援
【BITS(Nihon Unisys Group Business & ICT Strategy Forum)とは】
  • 6月の東京での開催を皮切りに、日本ユニシスの全国の支社・支店がある地区で開催される日本ユニシスグループの総合イベントです。
  • 2017年度は、星と星がつながる星座をモチーフとして、‘つながる構想、ひろがる革新 ビジネスエコシステム®拡大中’をコンセプトに、拡大するビジネスエコシステムの現在と未来、活力ある社会を共創する多くの取り組みをご紹介します。
  • 外部講師を招いての基調講演やグループ社員によるセッション、展示コーナーで構成され、経営者、IT戦略責任者、マーケティング責任者の皆さまの課題解決、新たな価値創造の一助となることをめざしています。
  • 日本ユニシスグループのユーザー団体であるユニシス研究会との共催により、中部地区のお客さまと当社グループの共創の場としても期待されます。日本ユニシスグループは、今後も中部地区のお客さまとともに、地域社会の発展に貢献していきたいと考えています。
【ビジネスエコシステムとは】
  • Fintech(フィンテック)や新電力事業のように複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーシップを組み、新しいサービスを産み出す仕組みのことです。
    社会課題の解決は一企業では実現できないため、新たなビジネスモデルや新技術を持つ異業種や、行政やNPO、アカデミックなど異業態との連携による実現が必要とされていることが背景にあります。
  • 日本ユニシスグループは、‘Foresight in sight®(注2)’をコーポレートステートメントとして掲げ、先見性と洞察力で社会課題に着目し、ビジネスエコシステムの中核となり、AI、IoT、ビッグデータ、ロボティクスをはじめ先進的なテクノロジーやビジネス革新を提案することで、 業種・業態の垣根を越えた連携を次々と実現しています。
以上
注記
注1:AirProduct Machine
工作機械をはじめとする産業用機械のデータ収集・蓄積、監視・通知、状態の可視化などを行うIoTクラウドサービス。
注2:‘Foresight in sight’
'Foresight'(先見)は、業界の変化やお客さまのニーズ、これからの社会課題を先んじて想像し把握すること。'in sight'は、「見える・捉えることができる」という意味の'in sight'と、「洞察力」という意味の'insight'のダブルミーニングとなっています。
商標、登録商標
  • BITS、YOITOKO、BankVision、ビジネスエコシステム(ロゴ)、Foresight in sightは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。