JP/EN

 

Foresight in sight

情報活用

ビッグデータアーカイブを実現するZL Unified Archive

ZL Unified Archiveは、メール、ドキュメント、画像、音声などの多種多様な非構造化データをアーカイブし、コンプライアンス、 eディスカバリー、文書記録管理、ストレージの最適化などのソリューションを、単一のプラットフォーム上で、シームレスに提供する業界唯一の情報管理ソリューションです。

主な特長

  • ユニファイドアーカイブ機能により、全てのアーカイブを一元管理し、コンプライアンス、eディスカバリー、文書記録管理、ストレージ最適化を実現
  • 重複排除によりストレージ容量を大幅に削減
  • グリッドテクノロジーにより、サーバーの増設が容易で、規模の拡大に対して迅速な対応が可能
  • 高度なインデックス技術により、非構造化データの高速検索が可能
  • マルチランゲージサポート
  • データソースは、Microsoft® Exchange、Microsoft Office365、Microsoft SharePoint®、IBM Notes®/Domino、Gmail®、SNS、など多数に対応
ZL Unified Archiveの主な特長
機能 説明
コンプライアンス
  • メールなどの文書からコンプライアンスに反したメッセージを発見し警告
  • コンプライアンス担当者がコンプライアンス違反したメッセージを監視し直ちに対応
  • ランダムサンプリングを閲覧し、一部のメールだけをレビュー可能
eディスカバリー
  • 電子情報開示基準参照モデル(EDRM)に対応したEnd to Endのeディスカバリー機能を提供
  • 電子メールや社内ファイルを検索し、情報の位置やリスクを把握(ECA)
  • 訴訟によって発生する電子文書のリーガルホールドに則した文書管理が可能
  • 標準保持期間とリーガルホールド間などポリシー間の矛盾を防止
  • 優れた検索・表示機能によりレビューにかかる時間を短縮し、電子情報開示にかかる運用コストを削減
文書記録管理
  • 企業の文書保管ポリシーに則して透過的かつ効率的に情報管理が可能
  • ユーザーによる手動分類と自動分類が可能
ストレージ最適化
  • 安価なストレージにすべてのデータを重複排除(アプリケーションを跨いだSIS)して格納することにより、高価な本番サーバのストレージ容量を大幅に削減
  • リテンションポリシーに従って、データを低価格なストレージに移動・削除し、運用管理コストを節約
  • オリジナルのロケーションにリンクを張る柔軟でマルチパスなスタブ機能を提供
Corporate eMemory
  • ユニファイドアーキテクチャとスケーラビリティを活用し、企業内の非構造化データを先進的な検索機能を利用して戦略的なIT資産に変換

期待できる効果

  • コンプライアンス、ガバナンス強化
  • 監査の信頼性向上
  • 訴訟リスクへの迅速な対応
  • ストレージコスト低減

稼動環境

  • ZLサーバ
    • ZL Unified Archive モジュールが動作し、各機能を提供
    • 100% Java (MAPI接続以外)
    • スケールアウト・スケールイン可能
    • ブラウザーベースの管理と構成変更
      OS:Microsoft Windows® Server、Red Hat® Enterprise Linux、他
      Web Server:Microsoft Internet Information Services、Apache
      App Server:Apache Tomcat
  • ZL DBサーバ
    • メタデータ管理
      DB:Microsoft SQL Server、Oracle®、他
  • ZL Vault
    • アーカイブデータ、インデックス等の保管
    • ストレージレイヤーを仮想化
      ストレージ:NAS、SAN、WORM(NetApp® SnapLock、他)
稼働環境

ベンダー情報

ZL Technologies, Inc. 、1999年創設
本社:San Jose, CA 95131 U.S.A

関連リンク

*ZL Unified Archiveは、ZLテクノロジーズ株式会社の商標です。

*Microsoft、Sharepoint、Windowsは、米国およびその他の国における米国Microsoft Corporationの登録商標または商標です。

*WIndowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*Notesは、International Business Machines Corporationの米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。

*Gmailは、Google Inc.の登録商標です。

*Red Hatは、Red Hat,Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*NetAppは、NetApp,Inc.の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。