JP/EN

 

Foresight in sight

デジタルビジネス創出支援サービス

サービスデザインワークショップ

サービスデザインとは、顧客(利用者)がサービスの利用を通して得られる体験価値を重視し、顧客の視点から事業やサービスを体系的に見直したり、新しいサービスを生み出す取り組みのことです。

本サービスでは、「ユーザー中心」を基礎におくデザイン思考のアプローチを用いて、新規サービスの企画・構想を支援します。
サービスの構想フェーズにおいて、定性的なユーザリサーチに基づく本質課題の発掘、アイデア構想、プロトタイピング、評価までの一連のプロセスをワークショップ形式で実施することにより、サービスコンセプトを具体化し、新たな顧客提供価値を創出します。

こんな課題ありませんか?

  • サービスアイデアはあるが、本当にユーザが欲しいと思うのか自信が持てない。
  • 従来のビジネス/市場/技術視点から事業やサービスを企画することに限界を感じている。
  • 事業開発や商品企画にユーザー視点を導入したいが、具体的な進め方がわからない。
  • 「デザイン思考」「サービスデザイン」に興味があるが何から始めてよいのかわからない。
  • 事業開発や商品企画のご担当者の方
  • サービスデザインやデザイン思考にご興味がある方
  • ビジネスの現場にユーザー視点を導入したいと思っている方
本サービスでご支援できます!!

本サービスの利用効果

  • ユーザーを基点としたデザインプロセスにより、従来のビジネス/市場/技術視点からの発想には無かった新しい着眼点を見つけ、ユーザーに届けるべき核となる提供価値を導出します。
  • デプスインタビューや行動観察といった定性的なユーザーリサーチの結果に基づき、ユーザーの利用体験全体をデザインすることで、高いユーザーエクスペリエンス(UX)を実現します。
  • “作りながら考える”デザイン思考の特性を活かし、ラピッドなプロトタイピングと評価を繰り返すことで、サービスコンセプトの有用性を検証します。サービスのアイデア構想段階で早期に検証することで、後工程での手戻りのダメージを回避します。
  • 全体を通して、貴社と弊社のメンバーで構成されるチームで協働性を重視したワークショップ形式での検討を行ないます。これにより、円滑な合意形成を促すとともに、各メンバーが熱量を持てる納得感の高いサービスコンセプトの創出に寄与します。

サービス内容・進め方

本サービスでは以下のサービスデザインプロセスに基づき進めます。
(注:作業期間は目安となります。)
  • 支援体制
    「HCD-Net 人間中心設計専門家」の有資格者1名を含む専任2名が支援いたします。
  • 期間
    2ヶ月(目安) ※プロジェクトの内容に応じて1ヶ月~、個別相談に応じます。
  • 作成物
    • サービスコンセプトシート
      サービス概要、ユーザーターゲット(ペルソナ)、利用シナリオ、価値コンセプト、サービスブループリント等
    • プロトタイプ(プロトタイピングツールを用いたラピッドプロトタイプ)
    • ユーザーストーリーマッピング
      ※ 後続アクションとしてアジャイル開発を予定している場合に作成いたします。

関連リンク

トピックス バックナンバー >

*AXLab は日本ユニシスの商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。