JP/EN

 

Foresight in sight

Oracle® E-Business Suite

Oracle EBS最適化サービス

概要

日本ユニシス株式会社、SCSK株式会社、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社は、各社のもつOracle E-Business Suite(以下、Oracle EBS)活用ノウハウを融合させ、基幹システムのライフサイクルコストを最適化し、継続性・競争力あるシステム基盤を構築する「Oracle EBS最適化サービス」を協同で提供しています。
Oracle EBSシステムの維持コストや手間にこんな疑問・悩みを抱えている企業に向けたサービスです。
Oracle EBSシステムの疑問・悩み

特長

1. 3社のノウハウを融合したサービス

Oracleのパートナー企業である日本ユニシス、SCSK、東洋ビジネスエンジニアリングの3社のノウハウを融合したサービスです。
基幹システムのライフサイクルコストを最適化し、継続性・競争力あるシステム基盤の構築を支援するサービスです。

2. 豊富な導入実績

3社合わせて140件以上のOracle EBS関連システムの導入実績、400名以上のOracle Applications技術者を有しています。

3. 4軸のアプローチ

アップグレードを契機に未来の姿を可視化し、「システムライフサイクルコストの最適化、競争力・持続性のあるシステム基盤構築」を“4軸のアプローチ”でご提案します。

サービス内容

1. アップグレードの影響分析

クラウド型システムコード解析ツール「PANAYA」を用いて、Oracle EBSシステムのアップグレード影響解析を行います。
期待効果: ・アセスメント期間の短縮(最短48時間)・最大50%のコスト削減

2. ソフトウェア領域

アドオンシステム削減の視点から、Oracle EBS最新機能への移行、未導入Oracle EBSモジュールの採用、各社が保有するテンプレートやOracle EBS連携型パッケージの採用などの検討を行います。
期待効果: ・アドオン最少化・アプリケーション基盤強化

3. プラットフォーム領域

BCP対応、クラウド活用を考慮した最適なシステム環境を提案します。利用状況に合わせ、最適スペックのハードウェアへリプレースを行います。
期待効果: ・ハードウェア、OS、データベースのコスト最適化・将来コスト抑制

4. 保守・運用領域

従量課金型アプリケーション保守サービスによって、お客様からの問い合わせ窓口を一元化します。関連ベンダーと密に連携の上、日々の保守運用をワンストップで提供します。
期待効果: ・運用コスト最小化・保守、運用負荷の軽減

*Oracleは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。