JP/EN

 

Foresight in sight

企業向け学習管理システム LearningCast ®

企業のeラーニング配信から集合型研修まで、研修業務を統合的に運用・管理
「LearningCast」は、企業のeラーニングと集合型研修の受講管理業務を、統合的にサポートするサービスです。機能強化においては、2009年9月の提供開始以来、定期的バージョンアップにて、お客さまのご要望にスピーディに対応しています。
2018年度よりLearningCast専用コンテンツ、運用支援サービスの提供を開始し、専用コンテンツには情報セキュリティ・CSR系の学習コンテンツを用意しており、LearningCast上で学習いただけます。
また、運用支援サービスは学習の効果をより高めるために設計し、マニュアル作成、代行などを日本ユニシスはご支援します。

eラーニング及び研修の管理

人材育成や、コンプライアンス・セキュリティポリシーの遵守徹底のために企業内研修が増大することに伴い、研修運営・実施の作業負荷が高まっています。
企業向け学習管理システム LearningCastは、お客さまの研修運営を支援し、作業負荷を軽減します。
また、SaaS形式のため初期投資を抑えられます。
研修運営支援の流れ
LearningCastの利用者に3つの権限を付与し、使い分けることができます。
システム管理者:
・システム情報管理と利用者情報を管理の全権限を有するユーザーです。
・利用者管理、組織管理はシステム管理者のみが行えます。
・システム管理者は、運用管理者の権限を代行できます。
運用管理者:
・eラーニング教材や、その学習進捗を管理します。
・研修の運用管理を実際に担当するユーザーで、研修管理、アンケート管理、eラーニング管理を主に行います。
組織長:
・組織に属するメンバーの研修進捗状況を確認できるユーザーです。
照査者(上司):
・配下の社員からの研修申込みの照査、研修進捗状況の確認、受講履歴の照会を行うユーザーです。
・社員一人につき、照査者は一人設定できます。
社員:
・受講対象者、研修を申込み、受講するユーザー、研修終了後には受講履歴の確認も行えます。
・組織長による学習進捗照会や申し込み照査が可能です。

LearningCastが支援する主な研修運営・実施項目

  1. 研修の申込管理(研修作成/研修申込・キャンセル/照査)
  2. 研修(eラーニング、アンケートなど)の実施、進捗照会、結果集計
  3. 受講履歴照会(自分自身/自分が教育進捗を管理する社員)
※LearningCastはSaaS型のため、特殊なクライアントアプリケーションやサーバーは必要はありません。
インターネットに接続できるPCさえあれば、どこからでも上記作業をブラウザで直感的に操作できます。

画面イメージ

LearningCast学習画面
学習画面
LearningCastアンケート画面
アンケート画面
LearningCastテスト画面
テスト画面

その他利用シーン

LearningCastは、研修運営・実施はもとより、様々なシーンでご活用頂けます。
  • 利用シーン1:全社員を対象としたeラーニングの実施
    コンプライアンス研修など、全社員を対象としたeラーニングを実施できます。
    SCORM形式の教材(学習進捗まで把握できる教材)を利用すれば、受講者の詳細な進捗状況が確認できます。
    学習の開始案内、進捗照会、督促メール配信なども可能です。
  • 利用シーン2:全社員を対象としたアンケートの実施
    モチベーション調査など全社員を対象としたアンケートを実施して結果を取得できます。
    未提出者に対して督促メール配信が可能です。記名式アンケート、匿名アンケートが実施できます。

導入事例

株式会社ニッセンホールディングス様

株式会社ニッセンホールディングス様

eラーニングはいかにして成長戦略に寄与するか

コンプライアンスの強化を図り『LearningCast』を導入。
グループ内にeラーニングが浸透し、コンプライアンスの枠を超えて活用の幅が広がっている。

*LearningCast/ラーニングキャストは日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。