JP/EN

 

Foresight in sight

SCM・物流ソリューション

情報分析ソリューション MartSolution®

実行系システムでは、あらかじめ計画された物流活動に対して、作業実績情報(実行結果)が蓄積されます。実績値そのものの分析や計画値との対比による評価を支援するシステムとして情報系システムが位置付けられ、物流活動の実態を把握し、その課題と対策の可視化を支援するシステムの位置付けは重要です。このシステムで見えた活動の実態を踏まえ、短サイクルでの計画見直しや、PDCAサイクルの回転を早める効果が期待できます。
分析テンプレートの活用

ロジスティクス分析テンプレート for MartSolution

出荷物量や在庫の推移、庫内作業の生産性や品違い、遅延納品、汚損・破損など、物流活動の実態を把握し、課題の可視化とその対策への気づきを支援します。
ロジスティクス分析テンプレート for MartSolution
入出荷物量による物流(フロー)分析 / 在庫(ストック)分析など32種類の検索画面をあらかじめ準備。各画面はドリルダウン / ジャンプによる関連付けがされ、より詳細な分析が可能です。

チャネルカバレッジ分析テンプレート for MartSolution

チャネルカバレッジとは、流通経路(チャネル)ごとにどれだけ多くの店舗に商品が配荷されているか(カバレッジ)を表す指標であり、マーケティング分析や新製品動向把握に欠かせない重要な分析視点のひとつです。
活用シーン
本テンプレートでは、カバレッジ分析や新製品動向分析、未配荷店舗分析など、25種類のビジュアルな分析画面をあらかじめ準備。問題点や課題の可視化による営業力・マーケティングの強化を支援します。
販売情報ポータル、カバー率分析、チャネル別分析

導入事例

食品卸売業様 構築事例
  • 背景:出荷特性や在庫の実態を把握する仕組みがなく、手作業による分析を実施
  • テンプレートの適用:分析の作業負荷を軽減し、簡単な操作で直感的な動向把握を実現
  • 分析のポイント:入出荷の波動、在庫推移の把握、過剰在庫の把握、商品特性・売上貢献度の把握
MartSolutionシステム構成例

*MartSolutionは日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。