JP/EN

 

Foresight in sight

音声主導型業務ソリューション Vocollect

音声主導型業務ソリューション Vocollect®

Vocollectの音声主導型業務(Voice-Directed Work™)ソリューションは、日々、世界各国の数百社にわたる10万人以上の作業員によって活用され、物流センターや倉庫における作業の正確性と生産性の向上と顧客満足度の改善をもたらしています。
Vocollectは、1987年に業界に先駆けて業務用音声認識システムを発表して以来、作業ミスをなくし、作業員の生産性を高めることによってコスト削減を実現する音声主導型業務(Voice-Directed Work)ソリューションの業界標準の地位を確立してきました。

音声主導型業務(Voice-Directed Work)の利点

音声主導型の作業環境では、作業員は端末画面・品揃えリスト・注文書などの目視確認とデータの入力、商品と入力端末のやり繰りから解放され、実際の作業に集中することができます。現在、Vocollectのシステムは、品揃え、入庫、補充をはじめとする物流の主要業務から、品質管理やデータ収集に至るさまざまな業務で活用されています。
実質的には、データを手で入力するより声で伝えた方が早くて容易なすべての業務で活用可能です。Vocollectのお客さまからは非常に高い導入効果が得られたと評価されています。
  • 最高25%の生産性向上
  • 最高99.99%に作業精度が到達
  • 作業員のトレーニング時間の50%削減
  • 12か月またはそれ以内の投資回収

音声主導型のオペレーション(Vocollect Voice®)

音声主導型作業の比較

  光ピッキング RFスキャナ
課題/
問題点
  • 在庫、作業者のリアルタイムでの可視性の欠如
  • バッチピッキングが困難
  • データエントリエラー
  • 紙と作業者のコスト
  • 目と手が塞がれる
  • 柔軟性の欠如
  • 高価
  • 1ゾーンに複数のピッキング者がいる場合の効率的な管理ができない
  • バッチピッキングができない
  • SKUの大きさと人員との関係でサイジングされる
  • 平均2週間のトレーニング
  • オペレータはデータエントリ、リード、スキャンに集中できない
  • 安全上の問題
  • 人間工学にもとづいていない
  • 目と手が塞がれる
  • バッテリーの問題

音声主導型の効果

  光ピッキング RFスキャナ
エラー エラー率1〜2%
⇒ 0.1%未満に削減
エラー率0.4〜0.6%
⇒ 0.1%未満に削減
エラー率0.4〜0.6%
⇒ 0.1%未満に削減
生産性 10〜25%以上向上 10〜20%以上向上 10〜15%以上向上
トレーニング量 50%以上削減 数%の削減 最大75%程度削減
※業種や運用方法によって異なります

音声 vs スキャン 比較映像

〜 比較の対象:同一の作業員(個別の時間を記録)、7つのアイテム(品揃え明細)、1通路 〜 (2分37秒)

Vocollectの構成

ムービーをご覧頂くにはWindows Media® Playerが必要です。
ダウンロードはこちら >

Windows Media Player 入手

*Vocollect、Vocollect Voice、Voice-Directed Workは、米国Vocollect Incorporatedの登録商標および商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。