JP/EN

 

Foresight in sight

ロボット導入サービス

サービスロボットが繋ぐ新しいあたりまえを

ビジョン/コンセプト

ヒトの代わりに、ヒトと一緒に、ヒトを超えて・・・。
サービスロボットが当たり前のように活躍する時代が到来します。
日本ユニシスはカタリスト(触媒)として、テクノロジースタートアップと共にヒトと、社会と、ロボットを繫ぎ、
ロボット活躍社会という大きなビジネスエコシステムの中でより良い未来の実現を目指します。

サービスロボットの活躍シーン

日本国内のロボット産業は、特にサービス分野での市場拡大が予測され、少子高齢化・労働力不足など社会課題解決の施策として、サービスロボットに注目が集まっています。
日本ユニシスは、お客さまの業務ニーズに応じて、サービスロボットの活躍シーンを抽出し、業務イノベーションを実現します。

サービスロボットによるイノベーションの方向性

サービスロボットによる3つの自動化

サービスロボットを導入することで3つの自動化:「省人化・無人化」「軽労化・省スキル化」「遠隔化」によるイノベーションを目指します。

サービスロボット導入サービス -Robot Installation services-

サービスロボット導入アプローチ

実績に裏打ちされた導入アプローチ
アセスメントを通して業務ニーズを具体化し、サービスロボット導入につなげます。
アセスメント
ユーザーのサービスロボットに対する漠然とした期待・ニーズを具体的な要求・評価指標に落とし込むためのアセスメントを行います。
  • ユーザーが有する課題を整理するとともに、サービスロボットの機能の強み・弱み、サービスロボット導入後の運用体制、導入・運用費用等を理解していただき、サービスロボットの適用によって課題を解決することができるか検討します。
  • 課題解決に最適なサービスロボットを選定するとともに、サービスロボットを適用する業務を検討し、サービスロボットのユースケース、導入計画、実証実験計画を具体化します。
  • サービスロボット適用の有効性を評価するための評価指標を設定します。
  • サービスロボットの機能強化や新機能追加等のためのソフトウェア面・ハードウェア面のカスタマイズを必要に応じて検討します。
実証実験
必要に応じて、アセスメントを通じて設定した評価指標を達成できるかどうか検証するための実証実験を行います。
  • 必要に応じて、サービスロボットの機能強化や新機能追加等のためのカスタマイズを行い、サービスロボットの試作を行います。
  • サービスロボットの実機による稼動実験を行い、評価指標を達成できるかどうか検証を行います。(実証実験時点においてROIが目標より低い結果となった場合であっても、一定の効果が見込めることや将来的にROI向上可能性があることについて検証を行います。)
  • 本格展開にあたって対応すべき課題・改善点の整理を行い、サービスロボット側の課題・改善点だけでなく、ユーザー側の運用において必要な対応も明らかにします。
本格展開
サービスロボットの導入・運用・保守等をワンストップで提供するとともに、継続的にROI向上を支援します。
  • サービスロボットの調達、カスタマイズ、導入設置、通信環境・稼働環境・運用体制の整備の支援、使用方法のトレーニング、メンテナンス、問い合わせ対応等の一連の業務をワンストップで提供します。
  • 実証実験を通じて明らかとなった課題・改善点に対応し、本格展開に必要な改善を行います。
  • サービスロボットを通じて取得できるようになったデータを活用し、データの加工、解析、分析を行うとともに、ユーザーの業務システムとの連携により、継続的にROI向上を支援します。

トピックス バックナンバー >

*Rinza、RinzaTalkは、日本ユニシス株式会社の商標または登録商標です。

*NAViiは、Fellow Inc.の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。