JP/EN

 

Foresight in sight

SRMソリューション/電子調達・購買システム

SRMのメリット − ご担当者様 −

課題5:価格の妥当性が判断できない

コストベンチマークの実施

構成要素別に価格をベンチマーキングすることによって、「調達価格の妥当性」を判断する。
サプライヤからの単価見積もりを「価格構成要素ごと」にベンチマーキングを行い各々の適正価格を算出し、見直すことにより、適正な部品単価を割り出します。
このようにして価格構成要素別に適正価格を算出することにより、調達コストの低減を図り、さらにはサプライヤに対する価格交渉も論理的に行うことが可能となります。
このようにして価格構成要素別に適正価格を算出することにより、調達コストの低減を図り、さらにはサプライヤに対する価格交渉も論理的に行うことが可能となります。
価格構成要素別に見たコストベンチマーキング例
導入のメリット