JP/EN

 

Foresight in sight

次世代倉庫管理ソリューション 統合WMS

庫内業務の「見える化」と「改善」を支援し、顧客サービス向上を実現します。
「物流コストの適正化」「鮮度管理」「トレーサビリティ」「標準化」など、近年物流業務に対する要求は高まる傾向にあります。得意先様からのリクエストに応えるため、各倉庫におけるサービスの維持・向上を図ると同時に、企業全体としての課題認識・改善と物流レベルの底上げ、コスト改善も平行して実施する事が欠かせません。これらを実践するために情報システムの位置付け、役割は更に重要になります。
上記をキーワードに、消費財メーカー及び関連する物流企業向けに開発された統合型の倉庫管理ソリューション(WMS)です。
庫内業務の効率化を図りながら物流品質の向上、物流コスト適正化の実現を目指し物流倉庫の運営を強力に支援いたします。

WMS全体図

  • 消費財メーカー、物流企業の庫内業務を一元管理し、現場の「見える化」と「改善」を支援。
  • 物流業務が標準化され、全社の物流レベル向上につながります。
  • 顧客サービスに欠かせない商品の「トレーサビリティ情報」を保持。素早い情報提供を実現します。

特長

トレーサビリティ管理

  • 商品の入荷〜保存、そして何時何処へ出荷されたか商品・ロット単位にトレーサビリティ情報をWMS内で取得・蓄積します。
  • 入出荷日、ロット/製造日、相手先など様々な切り口からのトレーサビリティ情報検索の機能を持ち、情報の早期把握を支援します。

自動倉庫の一元コントロール

  • 基幹システムとWMSの間はすべて共通処理となり、各倉庫毎に個別の対応は必要ありません。(開発予定)
  • WMS−WCSの間のインタフェースは統一されます。
    ※WCS:Warehouse Control Systems

物流情報の「見える化」

  • 庫内オペレーションをWMSで実施する毎に、WMS内に物流情報を自動で保持。
  • WMS、及び関連する他システムと連携して情報を「物流データベース」に蓄積。問題点、課題の見える化、気付きを支援します。

鮮度管理、作業効率向上

  • 得意先・商品別に最終出荷ロット情報を保持、日付逆転出荷を防止します。ロット指定の出荷指図があった場合は、指定ロットのみを出荷の対象とします。
  • 1出荷先に対しフルパレット、ケースピッキング、バラピッキングの出荷形態を合わせた検品、積込作業が可能になります。
  • 商品特性、品質保持のなどに応じて、ピッキングのタイミングを指定する事が出来ます(通常/トラック積込時など)
  • 出力するリスト、ラベルなどは、作業者毎に出力するプリンタ、ラベラの指定が可能となり、無駄な歩行を減らし作業の効率向上に役立ちます。

機能

システム構成

  • サーバーは一元化され、各拠点とネットワークで全体を接続、管理。
  • 各拠点ではHT、ラベラ、PC、プリンタ等現場で使用する機器のみ設置します。

*Windows Server は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。