JP/EN

 

Foresight in sight

電力小売 クラウドソリューション Enability®シリーズ

電力小売 クラウドソリューション Enability(エナビリティ)シリーズは、日本ユニシスが培った電力業界でのシステム構築ノウハウを集約したクラウドサービス。
2013年一括受電事業者向けの料金計算システムを皮切りに、2016年4月の電力会社自由化に合わせて小売電気事業者向けに開発し、2017年4月のガス自由化、高圧電力への対応など、継続した機能拡張を計画しています。

Enabilityシリーズは、3つのサービス「Enability CIS」、「Enability Order」、「Enability Portal」で構成され、「申込受付」から、「スイッチング」、「料金計算」、「請求」、「電気使用量の見える化」まで、小売電気事業に必要な機能を網羅しています。
お客さまのご要件に応じて必要なサービスのみを導入する事が可能です。
Enabilityシリーズ 3つのサービス Enability CIS:顧客管理、エラーチェックTO-DO管理(使用量取込、料金計算、請求収納(決済代行会社))、Enability Order:申込管理、スイッチング(広域的運営推進機関)、Enability Portal:申込受付、見える化

Enabilityシリーズ ご紹介

  • Enability CIS:契約情報管理、料金計算、請求情報作成
    契約情報を管理する「契約情報管理」、電気料金計算を行う「料金計算」、請求情報の作成をする「請求」の3機能群で構成されています。
    取次店/代理店販売のビジネスモデルを想定し、料金計算結果を取次店/代理店毎に実施し提供します。
  • Enability Order:契約申込、スイッチング連携、応対履歴の管理
    「Enability CIS」および「Enability Portal」と連携し、「契約申込」、「スイッチング連携」、「応対履歴の管理」を行います。
    PPS(※)、取次店/代理店の担当者がオーダー情報の登録、確認を行う事を想定しています。
  • Enability Portal:情報提供ポータルサービス
    お客さまに対する情報提供サービスです。電気使用量情報の参照(電気使用量の見える化)の他、契約情報の変更申請受付、請求情報(および請求明細情報)の照会を行います。
※PPS:特定規模電気事業者(Power Producer and Supplier)の略。新電力とも呼ばれる。
事例で簡単解説!
小売電気事業における事務トラブル予防のポイントとは?
2016年の電力自由化により解禁された小売電気事業ビジネスですが、いざ始めてみたら予想していなかったトラブルに遭遇して事業展開に支障を来している、という例が少なくありません。それは具体的にどのような事例で、解決するためのポイントはどこにあるのでしょうか?
3つの事例として、「誤請求の防止」「事務効率化」「商品設計の自由度向上」の3点についてEnabilityシリーズにより解決した事例を紹介します。

機能

Enabilityがご提供する、3つのサービスの主な機能と概要は以下のとおりです。
サービス名 主な機能 概 要
Enability CIS 契約情報管理 スイッチング処理が完了した低圧の需要家情報や契約内容を管理します
料金計算 低圧の料金計算および料金メニューを管理します
使用量チェック 料金計算用に取り込まれた使用量について、異常値チェックを行います
請求入金 計算した料金に対する請求書の発行や各金融機関やカード会社との連携、入金状況を管理します
Enability Order 申込管理
スイッチング連携
需要家からの契約申込を受け付け、スイッチングシステムへ切替処理を依頼し、切替完了後、契約情報をEnability CISへ連携します
Enability Portal 需要家ポータル 低圧需要家向けのポータルです
新規契約申込を受け付け、電気使用量の見える化、請求内容照会等の機能を提供します

クラウド基盤活用のメリット

クラウドサービスを活用することで、オンプレミスによる課題解決として、コスト削減、ビジネスの最適化、安全性の向上に寄与いたします。
  オンプレミスにおける課題 クラウドサービス利用の価値
コスト削減
  • サーバ/ミドルウェア/データベースなどITリソース調達コスト増大
  • システム運用や変更管理などの運用保守業務は、自衛するための人的コストが必要
  • システム資産調達コストの削減
  • 資産化リスクの削減
  • システム運用および保守コストの削減
 ビジネスの最適化
  • ITリソース調達にリードタイムを要するため、ビジネス環境に対してタイムリーな対応が出来ない
  • 資産償却等により、急激な環境の変化に柔軟に対応できず、IT資産が足かせになってしまう
  • ビジネス規模に応じた最適なITリソースを必要な時に必要なだけ利用する事が可能
  • 最新のIT環境を整備したデータセンターを利用可能
  • 短期間のサービス利用も可能なため、資産化を恐れず迅速に新ビジネスに挑戦する事が可能
 安全性の向上
  • システムを維持継続する作業負荷増(セキュリティ対応・システム運用のオペレーション)
  • 災害対策などの事業継続性のリスク
  • 堅牢なファシリティと信頼性の高いデータセンター活用
  • 第三者からの認証も含め、業界最高水準のセキュリティレベルを実現(ハード・ソフトの両面で最高レベルの技術・ノウハウを導入したセキュリティシステムを構築)
  • IT専門会社による安心、安全なシステム運用保守体制

関連ソリューション

新しい取り組み

垂直軸型マグナス式風力発電機
(写真提供:チャレナジー)

トピックス

  • 2017年5月26日

*Enability、PromoConcierは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。