JP/EN

 

Foresight in sight

営業店タブレット端末システム BANK_FIT-Zero®

勘定系/営業店システムとオンライン連携した次世代営業店タブレットソリューション
BANK_FIT-Zeroは、BANK_FIT-NEを活用することで、低いコストで高い機能を実現する、お客様向けのタブレットソリューションです。BANK_FIT-Zeroの利用モードを切り替えることで、店頭受付、電子記帳台、相談ブース、ローカウンタなど様々なシーンでご利用いただけます。
BANK_FIT-NEファミリーの新たなラインナップとして、ゼロ線でのフロントライン変革をご支援いたします。

特長

BANK_FIT-NEのシステムを活用することで、BANK_FIT-Zeroの利用モードと既存機能を組み合わせることで、事務処理や金融端末専用機器を削減し、軽量化された小さな営業店を実現すると共に、店舗を相談と提案の場に変化させます。
タブレットの「機動性」と「オンライン連携機能」による導入効果:セルフ入力端末からデータの電子保存化が可能となり、検証作業、手入力作業などの事務作業の削減と通電プリンタなどの周辺機器の軽量化ができます。相談ブースでは、顧客情報を確認しながら相談を行い対面型入力が行えます。カウンターではダッシュボード機能で対面したお客様の入力状況に応じた取引ナビゲーションをリアルタイムに把握し、その場でお客様のニーズにあったご提案を支援します。店舗外受付では帰店処理レス、顧客情報(セールス情報)、本部とのTV相談が行えます。またテレビ会議端末で専門知識を持った職員が遠隔地からサポートします。バックオフィスセンターとの連携により、伝票レス(伝票の仮想化)により、バックオフィスとスピーディーに連携し、依頼された取引を効率的に処理できます。BANK_FIT-NEと連携することで、ゼロ線での業務の効率化をよりセキュアな環境で実現できます。
  1. お客様対応力の強化とお客様満足度の向上
    多様化/複雑化する窓口業務やお客様のニーズに対応する、柔軟な窓口サービスをタブレットを活用して実現。
    お客様対応力の強化とお客様満足度の向上を図ります。
    • 伝票記入に代えてタブレットへの入力による伝票レス、印鑑レスによる申込事務負担の軽減
    • 迅速かつ正確な申込を支援するセルフ入力機能
    • ナビゲーション型で事務処理を支援するオペレータダッシュボード機能
    • タブレットとダッシュボード端末の連携による対面申込支援
  2. 事務効率の更なる向上
    タブレットと窓口端末(勘定系、情報系システム)とのオンライン連携で、申込業務の入力、検証、照合事務を削減。
    より一層の迅速な事務を実現可能。事務効率の更なる向上を図ります。(検証レス)
  3. 営業店の軽量化
    タブレットを活用した伝票レスにより、高価な通伝プリンタやOCRスキャナなどの金融特殊機器を削減。
    投資の抑制と省スペース化を実現し、営業店の軽量化を図ります。
    • 未来型営業店に向けた柔軟な店舗デザインへの対応
  4. 店外での営業力強化
    タブレットの店外利用も想定したシステムデザインを採用。
    将来的に営業店と同等機能を店外で利用することで、提案/相談型の営業活動を支援可能。店外での営業力強化を図ります。

BANK_FIT-Zero 動画でご紹介 3分21秒

導入効果

  1. オンライン連携(CS向上)
    BANK_FIT-Zeroの活用によりお客様への『書かない』『押さない』『待たせない』を実現し、また来店したいと感じる営業店に変革します。
  2. 事務の削減(ES向上)
    BANK_FIT-Zeroを活用することで、OCR伝票の手入力作業や検証事務の削減、印鑑照合事務の削減、口座開設業務の時間短縮、諸届変更業務の時間短縮、本人確認事務の削減など、様々な営業店事務の効率化が図れます。
    事務処理の削減により要員シフトだけでなく、唯一の対面チャネルでお客様に最適な金融サービスをご提案する場に変えます。
  3. オペレータ対面申込支援機能(ダッシュボード機能)
    事務の削減と同時に、手書き伝票の入力からBANK_FIT-Zeroシステムによる入力チェックや窓口でのナビゲーション機能などで、オペレータのスキルに依存しない均一性を保持した質の高い事務提供にお役立ていただけます。
  4. セールス強化
    店頭受付機能と対面申込支援機能やセールスモードを活用することで、お客様の待ち時間を対話型セールスの時間に変えます。これによりお客様への提案力を高め、セールスの機会を拡大します。
  5. 研修時間の削減
    対面申込みでは、ダッシュボード画面のナビゲーション機能により窓口事務が不慣れなオペレータでも正確な事務を行えます。場面に応じたガイダンス表示や申込み条件に応じた必要書類の表示などで習熟のための研修時間が削減できます。
  6. 軽量化店舗を実現
    伝票レス機能、印鑑レス機能を活用することで、通伝プリンタやスタンドスキャナ投資を段階的に抑制することが可能となります。
  7. 伝票保管事務からの開放
    伝票レスの運用を実践する事により、従来の紙伝票で実施してきた編綴/保存事務が削減されます。これにより、伝票そのものの手配コストや保管コストなどのランニングコストの低減が図れます。

トピックス

*BANK_FIT-Zero、BANK_FIT-NEは日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。