JP/EN

 

Foresight in sight

国際勘定系システムBankForce®-NE

国際金融業務の変化に柔軟に対応、基幹系業務に必要な堅牢性、安全性を低コストでご提供します。
金融機関における国際業務は、国内取引に比べて取り扱い量が少ないものの、商品やサービスが多様で、事務処理は複雑です。
特に近年、新型外貨預金、あるいはインターネット経由での各種外為サービスなど、新しい商品やサービスが登場しており、業務範囲が急速に変化、拡大しつつあります。そのため金融機関は、顧客サービス向上や営業推進のため、国際業務の変化にシステム面でも迅速な対応が求められるようになってきました。

日本ユニシスは、このような金融機関の要請にこたえ、オープン・プラットフォーム環境で稼働する国際勘定系システム「BankForce-NE」を開発しました。「BankForce-NE」には、日本ユニシスが国際業務分野で長年培った業務やシステムのノウハウと、次世代金融ソリューション体系「UNIFINE® 」に基づく最新の開発技術が活かされています。またオープンミドルウェア「MIDMOST®」の採用により、基幹系業務に必要な堅牢性、安全性を実現するとともに、新商品・新サービス・新技術にも低コストで柔軟に対応します。

特長

BankForce-NEのポイント

オープンプラットフォームによるミッションクリティカル・システム

Windows®サーバをプラットフォームとし、「MIDMOST」を採用し、安定したオープンシステム基盤上で国際勘定系システム機能を提供します。またエンドユーザはWebブラウザを通じて、オンラインで業務取引を行うことができます。

国際系事務におけるBPRを促進

オンライン、バッチ全帳票の汎用プリンタ出力、取引明細、記入帳などの電子化、パスワードによる異例取引照査など、外為事務の改善や、BPRを促進する多くの新機軸を搭載。Web技術を採用したシンクライアント化、帳票イメージのPDF化などを実現します。

長年のノウハウを活かした商品開発

日本ユニシスは「IBS/FX」、「IBS21/E'ARK」、「FX-10II」など、長年にわたり地域金融機関向け国際勘定系パッケージを提供してまいりましたが、地方銀行における導入実績では国内のベンダー中トップクラスの実績をあげてまいりました。長年蓄えられてきた豊富な国際業務ノウハウは「BankForce-NE」にも存分に活かされており、「BankForce-NE」を先進的機能を有する高品質なシステムにしています。

データ連携による複雑な事務処理オンSTPを実現

国際業務における本格的なSTPを実現するため、国内勘定系システムとのリアル連動をはじめ、国際業務バックオフィス・システム、外国証券システム(いずれも弊社パッケージ)、SWIFTなどとのオンライン連動インターフェースを提供します。また、バックオフィス事務のアウトソーシング化や、サービス・ビューローとの連携についても柔軟に対応可能です。

取引チャネルの多様化に対応

インターネット取引、ATM、国内勘定系端末による取引など、さまざまな取引チャネルに容易に対応することができます。オブジェクト指向によるシステム開発により、チャネル層とアプリケーション層の間にラッピング層を設け、チャネル特性を吸収することで、取引チャネルの変化に対し容易に対応できます。

システム全体図

BankForce-NEの位置づけ

システム全体イメージ図

*BankForce-NE、UNIFINE、MIDMOSTは、日本ユニシス株式会社の登録商標または商標です。

*Microsoft、SQL Server およびWindowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。