JP/EN

 

Foresight in sight

経営情報系システム GyFCompass®

納得性の高い経営情報系システム。ワンストップを目指すリスク管理と収益管理ソリューション。
日本ユニシスグループとしての新たな経営情報系パッケージ。IFRSも見据えた、市場系・預貸系を統合いた収益リスク管理を実現。
金融機関の経営分析のコックピットとして、リスク管理・収益管理は不可欠であり、それを支える経営情報系システムには、納得性の高いリスク分析機能/収益分析機能が求められます。
日本ユニシス・グループでは、このご要望にお応えするため、主力パッケージである『ValueStage®-NE』、『Skipper®Banking』のそれぞれの特長を生かし、融合した『GyFCompass®』を開発しました。
『GyFCompass』は、スピーディかつ高度な分析・計画策定機能、モニタリング機能を実現し、リスク管理・収益管理の更なる高度化をサポートします。

特長

市場リスク管理

  • 市場リスク管理システム(Skipper)とのシームレスなデータ連携と、計算エンジンの共有を行い、「市場系リスク管理」と「預貸系リスク管理」を同じ評価基準で統合的に分析・運用する『統合リスク管理』を実現します。

履歴を保持し、データ源を一元管理

  • 一貫性のあるデータ分析をするため、収益管理・ALM分析のデータ源は、同一データを基に生成します。
    共有する取引明細やラダー情報等は、一元管理され履歴参照も可能です。

ALM・収益シナリオの共有化で平仄の取れた運用を実現

  • ALMと収益管理のシミュレーション機能である期間損益シミュレーション、収益計画策定では、シナリオと計算エンジンを共有化しており、ALMと収益管理の間でも平仄の取れた分析が実現可能です。

明細単位の精緻な管理

  • 取引明細は明細単位で履歴を保有し、明細単位の結果確認が可能です。IFRSへの発展的な利用も可能です。

お客様のニーズにフィットする自社開発ソリューション

  • 日本ユニシスグループの提供する経営情報系ソリューションは自社開発パッケージです。お客様のニーズに合わせたカスタマイズ機能のご提供が可能です。

将来的な制度への万全な準備と対応

  • IFRSやBIS-III対応、FATCA等、制度の動向に沿って拡張/更新していく予定です。

トピックス

*GyFCompass、ValueStageは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*Skipperは、株式会社エイファスの登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。