JP/EN

 

Foresight in sight

オープンミドルウェア MIDMOST(ミッドモスト)®

あらゆるニーズが多様化する現代社会、進化し続けるIT技術、その中でただ一つ変わらないものがあります。それは、システムに対する基本的な要求。安定したシステムを、早期に、低コストで実現したいという要求です。
その要求を実現するためには、安価なオープンプラットフォーム上で稼働し、メインフレーム並みの高可用性/高信頼性を持つシステム基盤の構築が重要です。
特長全体イメージ図

概要

AP開発・保守の生産性向上

これまでミッションクリティカルシステムの構築においてオープンプラットフォーム上での開発に踏み切れなかった理由は、安定性と保守性にあり、これを克服しスピードの特性を生かしたミドルウェアを提供し、安定したシステムの早期構築に大きく貢献いたします。
  • 安定性:
    トランザクション制御機能、障害時のリカバリや他ノード接続など、メインフレームと同様の機能を提供します。
  • 保守性:
    OSやRDB等の基本ソフトウェアとアプリケーションの中間に位置し、バージョンアップの影響を吸収します。
  • スピード:
    アプリケーション開発に専念できる環境を実現します。
その他に、開発・保守生産性向上を支援する機能として、『トレース・ログ出力』、『ユーザプロセスダンプ』、『プロセス/スレッド制御』、『タイマスケジュール』、『メモリテーブル』、『チェックポイント』、『文言管理』等の機能があります。
AP開発・保守の生産性向上概要図
  • コミュニケーション支援機能 (CP)
    都度接続型の通信サービスを提供するCS(クライアントサービス)と常時接続型の通信サービスを提供するCP(コミュニケーションプロセス)からなり、ノード間やクライアントとの通信サービスを提供します。
  • ビジネスプロセス支援機能 (BP)
    各業務プロセスで必要とするトランザクション制御やエラー情報出力等の基本機能を提供するBP(基本)と一括トランザクション処理等特定の業務システムに特化した拡張機能を提供するBP(拡張)からなり、業務処理支援サービスを提供します。
オープン系システムの場合、 OS等基本ソフトウエアの短サイクルでのバージョンアップに伴うアプリケーションへの影響が保守工程における大きな課題の一つです。
OS等の基本ソフトウェアとアプリケーションの中間に位置し、バージョンアップ時の影響をMIDMOSTが吸収し、アプリケーションへの影響を極小化することができます。

独自環境構築支援

業務モジュール起動/終了時等に、お客様独自の処理(UOC:User Own Code)を組み込むことが可能な構造を提供しています。これにより、ミドルに求められる基本機能や性能を維持しつつ、お客様独自のシステム構築が可能です。
  • システム要件に最適な実行環境をUOC組み込み機能が可能です。
  • 固有の処理を組み込むことのできるポイントを随所に設けてあり、これにより業務処理プロセスに合わせた実行環境を短期間で安全に構築することが可能です。
独自環境構築支援図

24時間稼働支援

インターネットビジネスの世界で勝ち抜くためには、24時間絶え間なく発生するビジネスを支えるためのシステム基盤が重要です。MIDMOSTが持つ24時間稼働支援機能が、業務システムの24時間稼働を強力に支援しお客様のビジネスチャンスを逃しません。
静的データベース作成支援機能、プログラムの動的入替え支援機能等により、止まらないシステムを提供します。

静的データベース作成支援機能

静的データベース作成支援機能図

プログラムの動的入れ替え支援機能

プログラムの動的入れ替え支援機能図

高負荷制御

業務処理量の急激な増加に対して、分散された複数のノードへ負荷分散することで、常に高スループットを確保しつづけることが可能です。また、業務処理の特性に応じた多重度の設定により、多重度の制御を自動的に行うため、その業務に必要なリソースをフレキシブルに活用できます。
インターネット時代、業務処理量はダイナミックに変化します。MIDMOSTを利用することにより、リソースを最大限に有効活用し、業務処理量の変化に柔軟に対応することが可能になります。
複数に分散されたノードに対し、最適な負荷分散を図ります。
業務処理の特性に応じた多重度の設定、および、設定した多重度の動的変更が可能です。
また、MIDMOSTは多重化された業務処理を常時監視し、稼働状況に応じて自動的に多重度を制御するため、リソースを有効活用しながら、必要な業務を必要な時に、必要数稼働させることが可能です。
高負荷制御図2

高信頼性の実現

システムの安定稼働に不可欠な実行・運用基盤を提供します。障害を局所的に収め、システム全体障害に波及させない構造と、障害発生時の事後解析のために必要な情報を出力する機能等、いち早く異常を検知し異常が続く業務プロセスをシステムから自動的に除去します。
高信頼性の実現図

運用環境構築支援

オープンシステムの場合、一時費用は低コストで構築できても運用に大きな負担がかかる事も少なくありません。運用環境を構築するための汎用的な部品群とガイドラインを提供することで TCO の削減に寄与いたします。
  • 構築後のシステムを円滑に日々運用していくためには、システムの最終形を思い描いた運用検討・設計が重要です。
    開始終了・イベント管理・リソース管理・バッチジョブ管理・ファイルバックアップ...運用で検討するべき項目は多岐にわたります。
  • MIDMOSTは、これらシステム運用上の検討ポイントとそのガイドラインを提示すると共に、運用環境を構築するために必要な部品群を提供予定です。
  • これにより、運用環境を構築するまでの期間短縮・負荷軽減を図ることが可能になります。
システム運用図

*MIDMOSTは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。