JP/EN

 

Foresight in sight

官公庁・自治体ソリューション

事例紹介

世田谷区様 防災情報管理システム

課題とシステムの目的

平常期の保守点検・避難訓練の管理から、初動期/復興期を通じて、対応の記録を蓄積管理し、災害に対する地域の特性を把握して次の街づくりへ生かすことを支援します。初動期の情報共有を推進することにより、対応の迅速化を支援します。
平常期/初動期/復興期を通じた対応イメージ図

開発コンセプト

  • 職員、区民にも使いやすいシステム
  • GIS、図面管理システムと連携した、見て分かり易いシステム
  • 標準的なインフラを用いたシステム
  • 拡張性のあるハードウェアの採用
  • シンプルなつくりで、法改正等のシステム改修等に強いシステム

特長

  • 平常時から災害への意識向上
    防災用資機材の管理をはじめとする平常期の業務の効率化を図るとともに、インターネットを通じて住民へ積極的に情報提供を行うことにより、事前の災害対策(被害抑止対策、防災意識啓発)を支援します。
  • 災害発生時の迅速な対応/情報提供・支援
    災害発生時には、被害者の状況、被害の状況を迅速に把握確認する機能を提供します。また、情報を有効な形で利用することを可能とし、災害対策本部、避難所をはじめとした関係機関の救援活動を支援します。初動期には低速の回線環境でも情報共有を可能とすることを優先した設計としています。

主な機能

地理情報システム
全体図表示/詳細表示
バッファ検索、距離計測、面積計測
印刷
防災業務支援 モジュール
  • 街路消火器管理
  • 震災時指定井戸管理
  • 防災区民組織管理
  • 消防団管理
  • 備蓄倉庫管理
  • 防災訓練・防災教室の管理
  • 避難所・避難道路標識の管理
  • 災害発生時行動マニュアル
  • 職員情報管理
防災情報提供 モジュール
  • 防災施策情報
  • 広域避難場所、ハザードマップ情報
  • 災害情報、二次災害情報、避難所情報、安否確認情報、給水給食情報、災害対策本部情報、ライフライン情報、緊急医療機関情報、交通機関情報等
災害対策本部運営管理 モジュール
  • 情報群の簡易検索一覧表示
  • 災害状況、被災情報の収集。表示
  • 災害救助法適用申請、激甚災害指定申請関連資料作成支援
  • 各災害対策組織等への一斉通知
避難所運営管理 モジュール
  • 避難所運営規定、避難所運営組織、避難所運営防災訓練情報の管理
  • 避難状況、地域単位の被災状況の登録伝達
  • 開設運営関連行動マニュアルの簡易表示
  • 避難者受入状況、避難者情報、防災資機材提供と見通し情況の伝達
  • 安否確認情報の提供(災害弱者情報含む)
  • ボランティア受入管理支援
  • 避難所運営日報記録報告

システム導入効果・成果

  • 平常時における防災業務の効率化と業務量の軽減
  • GISにより、視覚的にもわかりやすい業務の実現
  • 災害時に備えた情報の蓄積と一元管理
  • 職員の防災に対する意識向上

将来に向けた拡張性や構想

  • 電子申請対応
    本システムにおける申請業務(ex.道路専用許可)にも将来的には電子申請との連携を考慮
  • 職員間の多様な連絡方法への対応
    災害発生時における職員間のコンタクト手段としてモバイル機能もサポートするメッセージングアプリケーションの導入時にも対応可能なシステム構築
  • 安否確認の多様な方法の確立
    モバイル端末(携帯電話、PDAなど)の利用も視野に入れたシステム構築

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。