JP/EN

 

Foresight in sight

オープンデータの取り組み

「オープンデータ」は、政府が推進する地方創生において、より生産効率を上げ地方の経済や地域活性化を実現する手段のひとつとして期待されています。
行政におけるオープンデータ化とは、中央省庁や地方公共団体等が所有する各種情報を基本的に無料かつ制約なく公開する施策であり、住民のサービス向上や企業の経営支援などにオープンデータを利活用する取組みが始まっています。
日本ユニシスは「オープンデータ情報連携管理基盤(ODMaP)」を提供すると共に、提供側と利用側の課題をICTで解決し、地域共創モデルの創出をご支援していきます。
日本ユニシスが考えるオープンデータ活用の地方創生モデル

オープンデータ 関連サービス

オープンデータ 活用事例

関連情報

トピックス バックナンバー >