JP/EN

 

Foresight in sight

PIM(商品情報管理)ソリューション Pro-V®(プロ・ファイブ)

製造業では商品情報の増加・複雑化がしており、また事業のグローバル化も進んでいくなか、販売チャネルも増加傾向にあります。
企業において収益拡大のためには、新規顧客の獲得および既存顧客の維持が必要です。そのためには商品情報を顧客の望む適切なタイミングや内容でそれぞれの販売チャネルに流通させる必要があり、商品情報は企業内で散在し人手で流通させているのが現状です。
PIM(Product Information Management:商品情報管理)ソリューションであるPro-V(プロ・ファイブ)は商品情報の流通を目的とした「収集」「管理」「配信」を実現し、既存の課題を解決することで顧客のカスタマーエクスペリエンスを向上し、収益拡大を狙います。

商品情報の定義

商品情報とはカスタマーエクスペエンス向上には必要となる情報=商品の魅力を訴求し、購入や使用促進する情報と定義しています。
商品情報の定義

商品情報の課題と影響

課題 影響
商品情報が散在
販促遅れによる機会損失
低品質な商品情報展開・顧客目線での情報展開ができていない
多重メンテナンスによるメンテナンスコスト増大
複数言語に未対応
グローバルビジネス拡大鈍化
課題と影響によりカスタマーエクスペリエンス低下による収益低下や内部コスト増を招きかねません。
Pro-Vを活用し、商品情報をスピーディに「収集」し、利活用しやすい形での「管理」、複数チャネルへの「配信」を実現することで解消されると考えています。

特長

Pro-V(プロ・ファイブ)は散在する商品情報の「収集」、「管理」、「配信」機能をワンパッケージで提供します。
商品情報を一元管理し、且つ利活用を推進する「ワンソース・マルチユース」を実現することでカスタマーエクスペリエンスの向上をはかり、収益拡大につなげます。
Pro-V ワークフロー全体イメージ図
Pro-V 全体イメージ図
DNP Pro-V ロゴ
DNPグローバルPIMシステム Pro-V(プロ・ファイブ)

機能

  1. 収集
    ユーザーが情報入力するためのWebポータル画面を提供しています。
    また、散在する商品情報を効率的に収集するためのシステム連携のためのAPIや一括取り込み機能も提供しています。
  2. 管理
    商品軸で様々な商品情報を管理します。仕様や価格等のテキスト情報に限らず、画像ファイルやCADデータなども管理可能です。
    グローバルでのビジネスを支えるために、多言語対応も実施しています。
    また、商品情報は管理するだけでは意味がありません。利活用推進するための「ワンソース・マルチユース(=1つの情報を複数の利用用途ごとに分類する)」機能を提供します。「ワンソース・マルチユース」の実現こそがカスタマーエクスペリエンス向上に必須であり、Pro-Vの一番の特徴です。
  3. 配信
    「ワンソース・マルチユース」の考え方に従い分類した商品情報を利用先システムが利用しやすいフォーマットに出力可能です。システム連携のためにAPIも提供しています。
    また、GS1等の数多くの業界標準フォーマットでの出力が可能です。
  4. その他
    ユーザーがなじみやすいWebポータルでの画面を使用し、管理情報の品質担保のため、ワークフローツールも提供しています。

画面イメージ

  • ワンソース・マルチユース
    商品情報を商品軸で一元管理を実施します。一元管理した情報は利用用途毎に分類します。
Pro-V ワンソース・マルチユース 画面イメージ
  • 複数媒体の管理
    画像(JPG/EPS/TIFF等)やCADデータ/PDF/ Microsoft Office®ドキュメント等、各種ファイル形式のファイル管理に対応しています。商品軸で関連情報の一元管理が可能です。
Pro-V 複数媒体の管理 画面イメージ
  • 商品同士の関連性
    商品同士の関連性を管理することでオプション品の情報案内を効果的に実施。販売額向上に役立てます。
Pro-V 商品同士の関連性 画面イメージ
  • 多言語対応
    テキスト項目/各種ファイルを含め多言語での管理に対応。各言語間における項目/ファイルの対応関係も管理可能です。
Pro-V 多言語対応 画面イメージ

事例紹介

*Pro-V(プロ・ファイブ)は、大日本印刷株式会社の登録商標です。

*Microsoft、Excel、Officeは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。