JP/EN

 

Foresight in sight

中堅・中小企業向けソリューション

ClearPath® Server MCPモデル ニュース

日本ユニシスではメインフレームUnisys ClearPath Serverを提供しており、MCPモデルにおいては大型モデル、中型モデル、小型モデルをご提供しております。
日本ユニシスでは、MCP小型モデルでのクラウドサービスを計画しています。
以下に、MCP小型モデルのクラウドサービスのポイントをご説明致します。

ポイント

  1. 災害リスクの低減(BCP)の具体化
    自然災害(地震、水害等)、火災からの被害リスクの低減
  2. セキュリティ要件の担保
    データ盗難、漏洩/改ざん危険性の排除
  3. 安定稼動の担保(安定性)
    事業継続を前提としたシステム稼動(無停電、通信、空調設備、人的運用等)
  4. ITコストの低減(コスト低減)
    MCPに関連したシステム運用の低減
  5. コストの定額化
    クラウド利用により固定費としてコストの平準化が可能
  6. 人材の有効活用(付加価値創造)
    システム運用業務を低減することにより、要員の戦略的シフトが可能。
  7. AP保守サービスの享受(付加価値創造)
    自社でのAP保守/運用作業の低減

MCPクラウドサービスの概要

MCPクラウドサービスは、日本ユニシスのU-Cloud® IaaS Managedサービス(以降、IaaSと呼びます)を利用して、お客様にMCP環境をサービスとしてご提供します。
オンプレミスでご利用しているMCP環境をそのままクラウド環境上に構築してお客様にご提供します。お客様はネットワーク経由でMCP環境を利用することになりますが、オペレーション等操作方法の変更はありません。
本サービスで利用するIaaSは、弊社の信頼性の高いデータセンターにて運用しています。また、IaaSを活用することで、お客様の環境変化に応じてMCPクラウドサービスの機能変更(CPU、メモリ、ストレージ等の増減)を迅速に対応することが可能です。さらに、データセンター内で維持・管理されていますので、お客様のAP業務の運用保守をサービスとしてご提供することも可能になります。
このように、操作環境は従来の使い勝手を維持しながら、システムに強く求められるセキュリティの強化やシステム資源の変更をスピーディで柔軟にお客様の手を煩わせることなくご提供します。そのため、情報システム部門ではさらに付加価値のある業務やIT企画業務への取り組みを可能にします。

MCP関連 サービスの企画概要

  1. MCPアセスメント
    アプリケーションのドキュメントが存在しない、もしくはメンテナンスがされていないお客様向けに、弊社がドキュメント作成のご支援として、以下のドキュメント作成支援サービスを計画しています。
    1. 簡易現状システム調査サービス
      • AP保守サービスを円滑に行うための調査およびドキュメント作成を行います。
      • 成果物:COBOL資産一覧表、LINC資産一覧表 他
    2. 技術資料作成サービス
      • お客様がシステム運用のアウトソーシングをご検討されるための調査およびドキュメント作成を支援します。
      • 成果物:システム全体図、アプリケーション配置図、業務フロー、ER図
  2. MCP運用支援
    1. AP保守サービス
      • AP障害対応およびQ&A対応を行います(お打ち合わせにて実施内容を決定)
      • 月額定額(個別見積)
        ※契約範囲内で解決できない問題は、別途お見積させていただきます。
    2. 運用アウトソーシング
      • MCPクラウドサービスご利用のお客様向けに運用全般のサービスをご提供致します(お打ち合わせにて実施内容を決定)
      • 一括費用(個別見積)
リリース時期等は改めて発表させていただきます。

*U-Cloudは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*ClearPathは、Unisys Corporationの登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。