JP/EN

 

Foresight in sight

クラウドサービス

事例紹介

大塚倉庫株式会社

2016年1月14日

タイムリーな意思決定を促すデータ統合プラットフォームを構築

大塚倉庫様は、大塚グループが強みとする製品群3分野 (医薬品、食品・飲料、日用雑貨品) にフォーカスした物流基盤を生かし、グループ外メーカーに対して共同物流プラットフォームを提供する企業です。

IT戦略投資を積極的に行い、従来の「経験と勘」に頼らない高効率な倉庫・配送業務オペレーションの実現に取り組んでいます。
今回、データ活用戦略としてCLOUDForesight® utility on AWSを採用し、AWS Redshift (クラウドデータウェアハウスソリューション) にすべてのデータを一元的に集約・分析可能にすることで、ビジネスにおける意思決定の迅速化、高度な業務改善を実現しています。
本事例に掲載された情報は取材時点のものであり、変更されている可能性があります。
なお、本事例掲載時の商品名はuSelfCloud®でしたが、後継商品であるCLOUDForesight utility on AWSに変更して掲載しています。
また、本事例の掲載内容はお客様にご了解いただいておりますが、システムの機密事項に言及するような内容については、当社では、ご質問をお受けできませんのでご了解ください。

*CLOUDForesight、uSelfCloudは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。