JP/EN

 

Foresight in sight

IT基盤最適化サービス

データベース性能検証サービス

ビッグデータブームの到来で、今や大量データの高速処理が必要不可欠となっています。
一方で、既存システムの更改タイミングでは、性能向上したHWスペックに対して過不足なく適切な機種選定を実施し、ITコストをスリム化することが求められています。
本サービスは、弊社で用意したHW上でお客さまの環境を再現し、お客さまのデータおよびクエリを用いてパフォーマンスの測定を行うサービスです。これにより、お客さまはHW購入前に確実なスペックの見積もりを行うことができ、最適なHWを手に入れることが可能となります。

お客さまの実現したい要件

本サービスは、下記のような要件を解決します。
  • HW/SWのサポート停止に伴う機器更改にあたり、パフォーマンスを確認した上でHWスペックを確定したい
  • HW購入前に、実際に使用するデータやクエリを用いてパフォーマンスを確認したい
  • 最適なHWを早期に手に入れ、すぐにシステム構築にとりかかりたい

サービス概要

  • 想定される機器やソフトウエア構成でパフォーマンス測定を実施し、リソースの使用状況について分析を行います。
  • 新しい機器やデータベースの機能を使用した場合の効果について、測定結果を元にご報告します。
サービス作業範囲
  • 環境構築
  • パフォーマンス測定
  • データ分析
  • 結果報告
サービスのアウトプット 検証結果報告書
サービス作業期間 10日/1DBサーバ(1インスタンス)〜
※検証クエリは5つ程度を想定しています。検証クエリ数、データ増幅時のデータ量などにより、作業期間が標準と異なる場合があります。
検証対象HW 日本ユニシスで取り扱いのあるHW
※弊社担当営業にご確認ください。
検証対象OS Windows Server® 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012R2
検証対象
DB
DBの種類 SQL Server™
バージョン 2008R2 / 2012
エディション Standard Edition / Enterprise Edition

サービスの流れ

タスク1
ヒアリング
ヒアリングシートをもとにお客さまの状況をヒアリングし、作業範囲についてお客さまと合意します。
タスク2
環境構築
検証環境を構築し、お客さまから頂いたデータをもとにテーブルを作成します。
タスク3
パフォーマンス測定
お客さまから提供いただいた検証クエリを実行し、パフォーマンスデータを採取します。
タスク4
結果報告
採取したパフォーマンスデータを分析し報告書にまとめ、お客さまへ報告します。

*Windows、Windows Server、SQL Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。