JP/EN

 

Foresight in sight

Oracleサービス

Oracle バージョンアップ 移行アセスメントサービス

HWリプレースやインフラ基盤更改において、データベース移行は大きな課題であり、現状を正確に把握した上で、計画をたてることが、プロジェクトの成功のカギになります。
最適なデータベース移行方法、確実なデータ移行を実現するためにお客さまのご要望・環境に最適な、データベースのマイグレーションをご支援をするOracle バージョンアップ 移行アセスメントサービスをぜひ活用ください。

こんな要望・課題を解決します

要望・課題(1)
  • データベース移行における方式や手順を調査/判断する時間や知見がない
  • データベース移行作業についてゼロから調査・検討する必要がある
要望・課題(2)
  • 早い段階で、移行に伴うリスクを明確化したい
  • 最適なデータベース移行方法や手順がわからない
  • 確実に移行を進めたい
データベース移行

サービス概要

Oracleをバージョンアップする際の移行対象となるオブジェクトを洗い出し、バージョン間における非互換項目、移行における検討事項、想定移行費用について、ご報告します。
サービスのポイント:アセスメント期間は最短5日!大幅に時間を短縮できます
  • 移行作業の項目洗いだし、移行時に発生すると思われる問題を、短期間のうちに把握できます
サービスのポイント:見積り段階で詳細な移行計画を立てることができます
  • 次期システム検討フェーズにて、移行コストやリスクを明確にできます
  • 日本ユニシスの構築・サポート実績に基づくノウハウ・ナレッジベースを活用して情報分析・判断をするので安心です
アセスメント内容
  • 移行する際に対象となるオブジェクト一覧
  • バージョン間における非互換項目
  • 移行における検討事項
  • 想定移行費用
納品物
  • 移行アセスメント 報告書
    付録1) データベースオブジェクト一覧
    付録2) 非互換項目一覧
アセスメント期間 5日〜/1DBサーバ(1インスタンス)
対象
Oracle
移行元 Oracle 9.2 / 10.1 / 10.2 / 11.1 / 11.2
移行先 Oracle 11.2 / 12c(12.1.0.1)

移行アセスメントサービスの流れ

タスク1
ヒアリング
お客さまの移行要件、移行対象システムの概要について、移行ヒアリングシートをもとに確認し、作業範囲についてお客さまと合意します。
タスク2
情報収集
移行対象インスタンスに対し、ツールを用いて情報収集を行います。手順、ツール等は当社が提供し、実際の収集作業はお客さまに実施いただきます。なお、有償にて当社が実施することも可能です。
タスク3
情報分析
収集した情報を分析し、移行対象オブジェクト、ならびに非互換項目を洗い出します。
また、これらの情報をもとに移行費用を見積もり、報告書にまとめます。
タスク4
結果報告
【タスク3】で作成した「移行アセスメント報告書」をベースに、お客さまに対し結果報告を実施します。
移行アセスメントサービス 提供イメージ

*Oracleは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。