JP/EN

 

Foresight in sight

SASTIKサービス

USB型認証キーデバイスで外出先でもオフィス空間を。 月額費用1ID 700円
SASTIKサービスは、専用のUSBメモリ型認証キー(SASTIKキー、記憶容量0MB)を挿すだけで(二要素認証を採用)、お客さまの社内で利用しているWebアプリケーションを活用できます。たとえば、派遣・出向社員が多い企業様の『業務支援ツール』として、ワークライフバランス推進による『在宅勤務支援ツール』として、また『事業継続計画(BCP)対策ツール』として、簡単にリモートアクセス可能なツールとして、様々なシーンで活躍できます。
さらに、クラウドコンピューティングを安心・安全に利用できるUSBメモリ型物理認証キーとして、クラウドへのアクセスをSSL暗号化通信で可能になります。また、リモート接続、終了時にPCにデータの痕跡を残すことなく、閲覧データの証跡も自動消去されます。

概要

SASTIKサービスは、オフィスワークやライフスタイルの変革に伴った自社及び自社以外での業務遂行を行うための情報システム変革をサポートするインフラ基盤を提供します。
小さくて容易に携帯できる、専用のUSBメモリ型認証キー(SASTIKキー、記憶容量0MB)をインターネット(社内N/Wおよび社外N/W)に接続されたWindows®PCに挿すことで、電子メールやWebアプリケーションを動作させることができる日本ユニシスのSaaS型リモートアクセスサービスです。

特長・活用シーン映像 3分2秒

便利なリモートオフィス環境を安心・安全に必要な機能をリーズナブルに実現します。SASTIKサービスの安全な活用シーンをご紹介。

SaaS型SASTIKサービス
支店、自宅、パブリックスペース(空港・ホテル)などのパソコンにSASTIKキーを挿しアカウントID・パスワードを入力することで(二要素認証)、日本ユニシスデータセンター内に設置のSASTIKサーバで認証し、お客さまの社内イントラシステムへ相互接続(リモートアクセス)します。専用の端末を用意することなくリモート接続環境の準備が可能です。お客さまはイントラ閲覧、Webメール活用などに加え、自社のWebアプリケーションなどを利用可能です。

SASTIKサービスが実現するもの

  1. デバイスとアカウントID、パスワードによる2重の認証
    格納されたデバイスID+鍵情報(アカウントID、パスワード)によりSASTIKキーを一意に識別(二要素認証)
  2. 痕跡消去
    SASTIKキーを抜くと自動的にローカルPCのキャッシュを削除し、情報漏洩を防止
  3. ビジネスドメイン機能
    特定のグループに登録したWebアプリケーションのみ利用可能
  4. 秘匿通信によるアクセス
    SSL及びリバースプロキシ技術により社内のWebアプリケーションにアクセス(暗号化通信)
  5. 認証サーバはデータセンターにて安全運用
    物理セキュリティ、論理セキュリティ、ウイルス対策、フィルタリングなどの対策実施

特長

【利便性】カンタン!

いつでも・どこでも

インターネットに接続可能なPC環境があれば、いつでも・どこでも利用可能です(会社、出向先、カフェ、空港、自宅、現場事務所などからリモートアクセス)。また、海外出張などで海外利用にも有益です。
オフィスでも 自宅でも 海外でも 客先でも

カンタン導入・利用

利用者にSASTIKキーを配布するだけでOK、利用方法も簡単です。また、PCの個人設定を意識せずに利用することが可能です。

カンタン管理・運用

センター側で認証したユーザーに対して、利用範囲や利用可能システムを設定でき、管理も簡単です。
センター提供のサービス、インフラ環境は、常に最新で提供できます。
SASTIK 0MBキーを配布するだけでOK

【安全性】セキュア!

PCを紛失・破損しても安心(情報漏えい・紛失対策に最適)

SASTIKキーのみで利用するため、PC上にデータを保有させず、PCの盗難・紛失・破損などのリスクが軽減されます。さらに、SASTIKサービスを利用した証跡は、終了時にPCから抹消されます。
SASTIKキーのみで利用するため、PC上にデータを保有させない

キーデバイスを紛失・破損しても安心

SASTIKキーを紛失した際は、センターで即時停止処理が可能です。
また、SASTIKキーは0MBでデータ保存ができないため、破損時にもデータが紛失することはありません。

成りすまし防止対策

デバイスID+アカウントID、パスワードにより、コピー行為による成りすまし防止対策を実施しています(二要素認証)。

セキュリティポリシー/アクセス制限の実現

ファイルのダウンロードの抑止・印刷の抑制などのアクセス制限への対応が可能です。

【経済性】リーズナブル!

固定資産の削減

モバイルPCやシンクライアントPCの導入削減により、固定資産の削減が見込めます。
また、インフラ環境の陳腐化に伴うアップグレードが不要となるため、経済的です。

運用コストの削減

モバイルPCやサーバOSなどのライセンス、パッチやセキュリティ対策などが不要となり、運用・ライセンス費用が削減されます。

リーズナブルな料金プラン

リーズナブルな料金設定により、安価に利用することが可能です。

トピックス バックナンバー >

  • 2015年12月14日

*SASTIKは、株式会社サスライトの登録商標です。

*Microsoft、Windows、Internet Explorer、Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標又は登録商標です。

*Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。