JP/EN

 

Foresight in sight

データ変換ソフトウェア DTR®

DTRとは

DTRは、プラットフォームやシステムによって異なるデータ形式を相互変換することが可能な高機能データ変換ソフトウェアです。
DTRを使用することで、文字コードやファイル形式、レイアウトの違いに悩まされること無く、高度なシステム連携が簡単にできます。
DTRとは

DTRの特長

様々な漢字コードを相互変換

SJIS、EUC、unicode など標準的な漢字コードに加え、ユニシスLETSJ、富士通、IBMなど各社メインフレームの漢字コードに対応しています。
また、ユーザ外字を変換することができます。
DTRではユーザ定義の文字マッピングが可能であり、プラットフォームに依存せずに同じ文字に変換することができます。
DTRの特長 〜様々な漢字コードを相互変換〜

様々なファイル形式を相互変換

DTRでは、様々なファイル形式を扱うことができます。
テキストファイルはもちろん、CSVファイルやCOBOL順編成ファイルや磁気テープ形式などの変換が可能です。
  • 対応するファイル形式
  • ディスク媒体 磁気テープ媒体
    テキストファイル 固定長テープファイル
    固定長形式COBOL順編成ファイル IBM形式の可変長テープファイル
    可変長形式ディスクファイル 情報交換形式の可変長テープファイル
    csv形式のテキストファイル 不定形式テープファイル

     

レコードレイアウト編集が自由自在

DTRを使用すると、レコードレイアウトを自由自在に編集することができます。
レコードレイアウト編集
また、以下の表のような項目タイプに対応しています。
DTRを使用すると、業務的な処理もAPの開発なしでノンプログラミングで実現できます。
文字型 文字項目、漢字項目、文字漢字混合項目
数値型

先頭符号付10進数、符号付10進数(先頭)、符号付10進数(末尾)、
パック形式(符号付・なし)、バイナリ(符号付・なし)、ビット数値項目(符号付・なし)

その他 16進数表現、2進数表現、型なし、出力スキップ、日付項目

データベースとの連携(DTRII機能)

入出力先にDBを指定することができ、DBの任意のテーブル・ビューからデータを 取得しつつ、データの変換を行うことができます。
ODBCドライバ準拠のDBを指定可能です。
データベースとの連携(DTRII機能)

GUIツールによるDTRのパラメタの作成(DTRII機能)

GUIツールを使用して、DTRのパラメタを簡単に作成することができます。
また、COBOLのプログラム(COBOL登録集)がある場合は、COBOL登録集をインポートすることで、パラメタを自動生成させることもできます。

他プロダクトとの連携

DTRのコマンドをジョブに組み込み,FTadmin®, HULFT®, JobStar®, JP1 などと簡単に連携することができます。
DTRが提供しているAPIを呼び出すことにより,使用者プログラムと柔軟に連携し,高度な処理を組み込むことができます。
ファイル転送支援システム「FTadmin」とはシームレスに機能連携しているため、FTadminからDTRを利用するときはプログラムを作り込む必要はなく、簡単かつ効率的に使用することができます。

DTRのラインナップ

DTRには、以下のラインナップがあります。
製品名 サポートOS
DTRII Windows®7, Windows8.1 update, Windows10
Windows Server2008, Windows Server 2008R2
Windows Server2012, Windows Server 2012R2
Windows Server 2016
DTR/Linux Red Hat® Enterprise Linux® 5,6,7 (x86,x64)
U-DTR Solaris 9,10,11
DTR/JHP HP-UX 11iv3
DTR/J JDK 6, 7, 8が動作するOS

DTRライセンスのご購入方法

CPU数などの制限はございません。非仮想環境でCPU数、コア数がいくつであっても、1台のサーバ機につき1つのライセンスでお使いいただけます。
仮想環境においても仮想CPU数などの制限はございません。1つの仮想ゲストOSに1つのライセンスでお使いいただけます。

DTRの機能一覧

文字コード変換 変換可能文字コード シフトJIS (JIS90, JIS2004)
EUC (JIS90, JIS2004)
JIS (JIS90, JIS2004)
ASCII
EBCDIC
Unicode(UTF8, UTF16BE, UTF16LE ※サロゲートペアにも対応)
LETSJ(UNISYS)
JBIS JB7(UNISYS)
JBIS JB8(UNISYS)
IBM
KEIS(日立)
JEF(富士通)
JIPS (NEC)
JIPSE (NEC)
内部コード(J)(NEC)
内部コード(E )(NEC)
MS932,iso-2022-jp など、javaが標準でサポートする文字コードすべて (DTR/J)
文字コード変換関連 変換テーブルカスタマイズ(外字指定)
代替文字指定
変換不能文字書き出し
外字変換文字出力
JIS90, JIS2004 指定
指定可能ファイル ディスク テキストファイル
固定長
CSV ("" あり・なし、区切り文字(タブなど)指定可)
可変長ディスクファイル
テープ 固定長テープファイル
IBM形式の可変長テープファイル
情報交換形式の可変長テープファイル
不定形式テープファイル
ラベル付きテープ、ラベル無しテープ
データベース(DTRII) Oracle
SQL Server
PostgreSQL
Access
Excel
その他ODBCをサポートするデータベース
PCIOS SANARENAシリーズ・ディスク装置上のPCIOSファイル
指定可能項目 文字型 文字項目(1byte文字)
漢字項目(2byte文字)
文字・漢字混合項目
数値型 符号付き10進数(先頭・末尾)
先頭符号付き10進数
バイナリ(符号付き・なし)
パック形式(符号付き・なし)
ビット数値項目(符号付き・なし)
その他 16進数表現
2進数表現
型なし
出力スキップ
日付項目
レイアウト変換 項目入れ替え 項目の順序入れ替え
条件式 条件による、レイアウト指定
定数挿入 項目への定数挿入
順序番号挿入 変換データへの順序番号挿入
文字列行末処理 スペース削除
スペース付加
スペース数維持
改行付加
改行維持
GUI (DTRII)   GUIによるパラメタ操作
GUIによるDTR実行
COBOL登録集からDTRのパラメタ生成が可能
(MF-COBOL、日立COBOL、富士通COBOL、MCP COBOL、UCS COBOL、ASCII COBOL)
API   APIによる変換処理呼び出し(C, C++, C#, VB, Java(DTR/J))
Java標準の String class の標準メソッドによる変換(DTR/J)
ディレクトリ変換 ディレクトリ内のファイルを一括でコード変換
その他の変換 全角・半角変換 カタカナ、英数字の全角・半角変換
順序番号挿入 変換データへの順序番号挿入
補数変換 バイナリデータの補数変換
補数変換補助漢字変換 指定した範囲同士の補助漢字変換
コマンド組み込み   戻り値(正常:0,エラー:1)を返すため、FTadmin®, HULFT®, JobStar®, JP1 などのジョブに組み込み可
FTadmin連携   ファイル転送支援システム「FTadmin」とシームレスに連携し、複数のシステム間の連携が可能

関連製品

ファイル転送支援システム FTadmin >

マルチプラットフォーム間のファイル転送、データ連携で業務効率化
 

ファイル転送管理ツール HULFT >

企業内・企業間データ連携ミドルウェアのデファクトスタンダード

ジョブ管理ソフトウェア JobStar >

サーバ単位で個別に実施していたジョブ管理の運用を
統合管理・ジョブの自動化を低コストで実現
 

統合システム運用管理ツール JP1 >

インターネット時代のビジネスを支える運用管理

*DTRは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*RedHatは、Red Hat,Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Linuxは、Linus Torvalds氏の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*JP1は、株式会社日立製作所の製品名称です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。