JP/EN

 

Foresight in sight

Webユーザビリティ&デザイン

今までのシステム開発では、機能開発に重点が置かれ、実際に利用するユーザーにとって使い易い、操作がわかり易いといった観点はとかく軽視されがちでした。しかし、莫大な費用を投入して作成したシステムが使われない、思うような成果が得られないというジレンマもあり、これらの課題を解決する手段として、近年ユーザビリティを考慮したシステム開発の手法が注目されています。
日本ユニシスグループでは、ユーザビリティ(使いやすい)だけでなく、システムを利用するユーザーに満足感を与えることを重視した概念であるユーザーエクスペリエンスに着目し、システムを利用する過程を通じて、新たな提供価値をご提案します。
また、より多くのユーザーにご利用いただけるように、 Webサイトのアクセシビリティ対応にも着目し、アクセシビリティを高めるWebサイト構築支援サービスを提供しています。

ユーザビリティとは

ユーザビリティは、「使いやすさ」、「使い勝手」という意味合いで用いられることが多いですが、国際規格のISO 9241-11※注1では、下記のように定義しています。
  • 特定の利用状況において、特定のユーザーによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザーの満足度の度合い
  • 品質特性:使いやすさ
※注1:ISO9241−11は、ユーザビリティの定義、ユーザビリティの規定、評価等について説明している国際規格です。
日本ユニシスグループでは、Webシステム開発に重点をおき、システム開発を通じてユーザビリティを高めていくプロセスの提供を行っています。

コンセプト

特長

  • ユーザビリティエンジニア、およびB2C向けWebマーケティングスペシャリストで構成された、ユーザビリティの専門家集団として、ユーザビリティ&デザインセンターを設立
  • アクセシビリティに配慮したWebサイトのインターフェース設計に対応
  • ユーザー中心設計に基づく、エンジニアリングプロセスを独自に設定
  • パートナーのデザイン会社とのブリッジ役として、Webの新技術を駆使し、Webデザイン含めたトータルサービスの提供

アクセシビリティ

サービス

トピックス バックナンバー >

*BITSは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。